ラルフローレンの中途採用情報~年収、評価制度、福利厚生、etc~

ラルフローレンの中途採用情報~年収、評価制度、福利厚生、etc~

画像出典:Gleug Deheu

 

アメリカの人気ブランドであるラルフローレンは、日本においても、ショップを数多く運営しています。(余談ですが、当サイト管理人が好きなブランドでもあります。)2015年には組織の再編成を行い、ブランドの統廃合を行うなど、事業再編を積極的に行っています。

 

それに伴い、人員の整理も行われましたが、その結果を受けて、外部から人材を積極的に採用する動きも出ており、中途採用については、一定数の求人が出ています。特に、販売職の求人が多くなっています。

 

このページでは、ラルフローレンの中途採用求人の内容や転職者の年収などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

中途採用の募集内容・選考プロセスについて

繰り返しになりますが、ラルフローレンでは、セールスアソシエイトやセールスマネージャーといった販売職の求人案件が多数発生しています。全国各地のショップが勤務地となるため、希望する地域を選択出来る状況です。

 

セールスアソシエイトに関しては、契約社員とアルバイトの求人が大半で、未経験者でも応募出来る案件が中心となっています。なお、アルバイト採用でも、ラルフローレンの商品を社割で安く購入出来るなど、福利厚生制度の対象となります。

 

マネージャーについては、アパレル販売経験だけでなく、マネジメント経験が必須となります。こちらは全て正社員としての採用となり、勤務実績次第ではエリアマネージャーへの昇格、営業など総合職への社内転職の可能性も出てくるので、キャリアアップ志向が強い人にオススメです。

 

一方、総合職については、数は限られていますが、営業、マーケティング、広報、経理、人事といったポジションにおいて、募集がかかることあるので、こういった職種を狙っている人は、稀に発生する求人を見逃さないように、こまめに求人サイトをチェックすることをオススメします。

 

アパレル業界に強い転職エージェントに求職者登録をして、新規求人が出てきた時に連絡をしてもらえるようにしておくのもアリです。(このページの最後に、有力なエージェントを複数リストアップしておきます。)

 

なお、販売職・総合職を問わず、英語が堪能な人材が高く評価される傾向があるので、語学スキルを有していれば、採用時に有利です。

 

社員の年収・給与制度について

ラルフローレン社員の年収は、部門や採用方法によって異なります。代表的な年収事例をあげると、下記の通りとなります。

【販売職】

  • 24歳 販売員 年収240万円
  • 25歳 店舗勤務 年収300万円
  • 24歳 セールスアソシエイト 年収270~290万円
  • 35歳 セールスアソシエイト 年収200~250万円
  • 32歳 マネージャー 年収350万円
  • 31歳 店長 年収500万円

 

【総合職】

  • 33歳 営業 年収500万円
  • 42歳 ディレクター 年収1000万円
  • 27歳 経理 年収350万円
  • 35歳 人事 年収400~500万円
  • 38歳 広報 年収700万円

 

給与体系ですが、アルバイト以外は、年俸制となっており、業績・勤務実績に応じたインセンティブが年1回支給されています、また、幹部職になると、インセンティブ給とは別にボーナスが支給されており、一般社員との収入格差は大きなものとなっています。

 

販売職においては、給与水準が低く、家族を持っている人や都心部に住む人だと、生活が苦しいと感じるケースもあるようです。昇給についても、ある程度の役職につかないと殆ど上がりません。一般職だと、数年間変わらないというケースも多いです。

 

会社の特性として、ラルフローレンは育てるよりも他社から有能な人材を引く抜くことに力を入れており、前職の実績や経験によって、給与が決まるので、実績豊富な人だと、前職を上回る高収入が提示される可能性が十分にあります。

 

中途採用者の場合、最初に設定された給与が、その後の基準となるので、転職時の条件交渉が非常に重要になってきます。自分の実力を的確にPRして、認めてもらうことが高所得を得るためには必要不可欠となるので、面接には入念な準備をしたうえで望んでください。

 

なお、転職エージェント経由で応募した場合、エージェントに条件交渉を代行してもらうことも可能です。彼らはこの手の交渉に長けており、任せたほうがより良い結果につながりやすいので、うまく活用してください。

 

人事評価・昇給制度について

ラルフローレンの人事評価制度は、ここ最近で度々変更されており、なかなか評価基準が一定しないのですが、そのなかでも、論理構成力、問題解決能力、ブランドへの愛情、ビジネスレベルの英語力などを有する社員が、比較的高い評価を受ける傾向があります。

 

ただし、上司次第という部分もあるので、現役社員のなかからは、適正に評価されているのか、疑問の声が出ています。この点に不満に感じて、モチベーションを維持出来ず、退社を決意する人も少なからず出ている状況です。

 

昇給については、一定基準をクリアすることで給与アップの対象となりますが、額自体は、あまり期待出来るものではないという意見が多いです。販売職の場合、店舗の売り上げ実績次第という要素もあるので、売上の多い店舗で働くことが高評価を受ける近道となります。

 

このように、人事評価制度、昇給制度に関しては、ラルフローレンは強くPR出来るようなものではないのですが、他社と比較しての長所を挙げるとすると、新しい仕事にチャレンジするチャンスが多いということがあげられます。

 

違う職種へ異動したり、新規プロジェクトの立ち上げメンバーして、新しい事業に取り組む機会を得るといったことが容易です。(本人が希望すれば、出来る限り配慮する姿勢があります。)社内公募制度が充実しているので、キャリアアップを狙っている人は、詳しく調べてみてください。

 

ラルフローレンのワークライフ・バランスについて

会社としては、残業過多とならないように管理する方針を取っています。しかし、実際には、その方針が守られているとは言いがたい状況となっています。販売職の場合、店舗ごとで残業の有無や有給の取れやすさに大きな差があります。

 

総合職も、部署によって違いがあり、上司の考え方次第という一面もあるので、一概にこうとは言えない状況です。なかには残業が殆ど無く、かつ連休の取得も簡単に出来るといった職場も存在します。

 

そのため、転職を目指す際には、自分が配属される部署がどういった状態にあるのか、事前に入念に確認しておくことをオススメします。なお、ラルフローレンは外資なので、自分の意見を主張出来る人ほど、自分の要望が実現しやすいという土壌があります。

 

実際、仕事とプライベートを両立出来ている社員の多くは、きちんと自分の意見を周囲に伝えている人物なので、このことは頭に入れておいてください。

 

女性の働きやすさ

ラルフローレンは、半数以上が女性社員なので、女性にとっては働きやすい企業と言えます。また、実力主義なので、昇進に男女差は無く、誰にでもチャンスがある会社となっています。

 

産休や育休の制度も整っており、実際に利用している社員もいます。ただし、休暇を取った後、復帰を望んだ人の全てが職場復帰を果たしているというわけではないので、その点は注意が必要です。

 

ラルフローレンの社内事情に精通している転職エージェント

このように、ラルフローレンには、良い面と悪い面とがハッキリ分かれているので、転職を目指す時には下調べを入念に行い、自分にとって本当に満足出来る会社なのかどうか、慎重に判断する必要があります。

 

ただし、外部の人間が社内事情について確認するのは無理なので、この点については、先ほども触れましたが、アパレル業界に精通している転職エージェントに相談することをオススメします。下記のエージェントであれば、ラルフローレンへの転職支援を成功させた実績が多々あるので、相談先として最適です。

<ラルフローレンの求人事情に明るい転職エージェント>

 

アパレル業界の求人に強い転職支援会社ベスト3

アパレル業界の求人に強い転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントがアパレル関係の求人案件を保有していますが、そのなかでも保有求人数が多いエージェントを3社選んでいます。

 

  • クリ-デンス

    クリ-デンス

    国内最大の保有求人数を誇るアパレル業界専門の転職エージェント。総合職、販売職、双方の求人案件を幅広く扱っています。東海や関西、九州を中心として、全国各地の案件を扱っています。

  • ファッショーネ

    ファッショーネ

    クリーデンスに次ぐ求人を保有するアパレル業界専門の転職エージェント。ファッショーネも総合職、販売職、双方の案件をカバーしています。ただし、ファッショーネは関東地方に特化しているエージェントなので、地方の人が利用するのは難しいです。

  • アパレル派遣なび

    アパレル派遣なび販売職専門の求人情報サイト。店舗スタッフの求人を探す時には、イチオシのサイトです。派遣社員の求人情報サイトですが、正社員登用を前提とした紹介予定派遣など、長期的に働ける仕事が多くなっています。

このページの先頭へ