イビサの中途採用事情と転職者の年収、就労環境について

イビサの中途採用事情と転職者の年収、就労環境について

 

北海道から九州まで、日本全国において100店舗以上のショップを展開するバッグブランド、イビサ。革の仕入れから生産、販売までを全て自社に行うなど、国産・手作りにこだわる姿勢は高く評価されており、認知度も非常に高く、革のバッグメーカーとして、地位を確立しています。

 

業績も好調であり、新卒・中途、ともに常時、求人が発生しています。生産から販売までを一括で行っているため、募集職種は多岐に渡りますが、そのなかでも、特に、販売・営業・企画(デザイナー・パタンナーを含む)といった職種においては、求人需要が旺盛です。

 

このページでは、イビサの中途採用求人の状況や、転職者の年収・就労環境などについて、まとめていますので、転職活動に役立ててください。

 

中途採用の募集内容・選考プロセスについて

イビサの中途採用情報を入手する方法ですが、公式サイト内の採用情報ページにおいて、募集職種ごとに求人要項の詳細が掲載されているので、こちらで確認することが出来ます。
http://www.ibiza.co.jp/recruit/index.html

 

販売・営業・企画・商品発送・営業事務・工房内スタッフなど、様々な職種が対象となりますが、中途の場合、職種ごとに求人数が違っており、タイミングによっては求人が見つからないという職種もあります。

 

応募条件については、大卒以上の学歴に加えて、該当業務に関する実務経験が必須となります。イビサは即戦力とみなされるような優秀な人材に絞って採用を行う傾向があるので、経験豊富な人でないと、厳しいかもしれません。

 

なお、先ほども触れましたが、販売職、営業職、企画職においては、ほぼ常時、募集がかかっており、応募条件についても公開されているので、是非チェックしてみてください。

 

イビサの社員年収・給与制度について

イビサで働く社員の年収ですが、雇用形態や職種によって違いがあります。販売職、総合職、それぞれの年収事例を下記にまとめていますので、参考にしてみてください。(新卒・中途で差が生じることはなく、同等です。)

 

【販売職】

  • 30歳 販売員 年収260万円
  • 30代 販売スタッフ 年収250万円
  • 30代 店長 年収450万円

【総合職】(会社発表)

  • 営業職 月収24~40万円(賞与年2回)
  • 企画スタッフ 月収21~35万円(賞与年2回)

 

イビサは、正社員だけでなく、契約社員にもボーナスが支給されますし、残業代も全額支給となるため、給与体系としては非常にしっかりとしており、満足している社員が多くなっています。また、イビサは退職金制度を設けている会社でもあるので、安心して働くことができます。

 

しかしながら、業績が悪くなると、賞与が減額となり、そうなると、その年の年収は、かなり少なくなります。転職を検討する際には、こういったマイナスの状況も頭に入れたうえで、考えることをオススメします。

 

なお、昇給については、年1回ありますが、金額としては、それほど多くはありません。管理職になれれば高い賃金を得ることが可能ですが、役職なしのままだと、それほど大きな期待は出来ません。

 

人事評価・組織体制について

イビサの人事評価制度は、販売職と総合職で、かなり違ってきます。販売職の場合、予算達成など、店舗の売上実績をもとにした評価となるので、分かりやすいのですが、総合職だと、一定の基準がなく、直属の上司による評価なります。

 

上司との関係性が悪いと、シビアになるなど、不透明感を覚えざるを得ない部分があるのが、事実です。

 

ただし、スタッフとは出来る限り良い関係を作ろうと配慮する上司が大半なので、社内の人間関係は、総じて良好ですし、人事評価にも、それほど悪影響が出ることはありません。仕事へのやりがいを感じている社員が多い会社なので、結論としては悪くないと言えます。

 

敢えて、イビサのマイナス点を挙げるとすれば、良くも悪くも家族経営なので、規模が大きな会社でもあるにも限らず、組織体制が確立されてはおらず、部署ごとの連携もそれほどありません。そのため、業務は非効率になりがちで、無駄が発生することも少なくありません。

 

社員の仲は良いのですが、ビジネス的な視点からみると、なあなあになっている傾向もあるので、このあたりの社風に合わない人は、働き続けることは難しいと思います。良い意味でも、悪い意味でも、人を選ぶ会社なので、自分にとって本当に合う会社なのか、ジックリ検討することをオススメします。

 

イビサのワークライフ・バランスについて

ワークライフ・バランスという観点で見ると、イビサは非常に優秀な企業と言えます。残業は少なく、有給取得もしやすい会社です。無駄な残業を強制されることもないので、忙しい部署であっても、業務管理をしっかりすれば、退社時間がそれほど遅くなることはありません。

 

休日に、会社が主催するイベントへの出席を強要されることや、急な仕事も殆どないので、休日出勤の頻度も少なめです。全体的に、仕事内容は、それほどキツくはないので、ある程度、ノンビリした雰囲気のなかで、落ち着いて働きたいという人には、オススメの会社です。

 

女性の働きやすさ

イビサは、職場によって、女性の働きやすさが大きく変わってくる会社です。女性社員の割合が高い部署であれば問題ありませんが、男性社員の比率が高い場所だと、女性に対する配慮は、あまり無かったりします。

 

会社として、産休・育休制度を用意して、働く母親を支援している体制を整えているにもかかわらず、子育てに対する理解がない部署もあり、そういった部署で働く社員のなかには、休暇の取得が難しいので、会社を辞めざるを得なかったという人もいます。

 

部署による違いが非常に大きいので、イビサへの転職を検討するのであれば、自分が配属されることが想定される部署の実情について、情報を集めて、現状について、出来る限り正確に把握するように努めてください。

 

イビサへの転職については、転職会社と相談することをオススメします

ここまで見てきたように、イビサというのは、同じ会社内でも就労環境が大きく異なるので、転職先候補として見た場合、良い・悪いと一概には言えないというのが、正直なところです。そのため、繰り返しになりますが、自分が働くことになる部署の状況について知ることが重要です。

 

ただし、こういった情報は企業側に問い合わせても、どこまで教えてもらえるか分からないので、転職会社に相談することをオススメします。イビサの求人を扱う転職会社であれば、当然、社内環境についても把握していますし、分からないところがあれば、確認してもらうことも出来ます。

 

また、結論として、イビサは自分には向いていないという判断になるかもしれませんが、その時には、転職会社に希望条件・要望を伝えれば、それらの条件に合う別の会社を紹介してもらうことも可能です。

 

転職先を決める際には、貴重な相談役となる存在なので、うまく活用してください。下記の転職会社であれば、アパレル専門なので、業界事情に精通しており、相談先として最適です。

 

アパレル業界の求人に強い転職支援会社ベスト3

アパレル業界の求人に強い転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントがアパレル関係の求人案件を保有していますが、そのなかでも保有求人数が多いエージェントを3社選んでいます。

 

  • クリ-デンス

    クリ-デンス

    国内最大の保有求人数を誇るアパレル業界専門の転職エージェント。総合職、販売職、双方の求人案件を幅広く扱っています。東海や関西、九州を中心として、全国各地の案件を扱っています。

  • ファッショーネ

    ファッショーネ

    クリーデンスに次ぐ求人を保有するアパレル業界専門の転職エージェント。ファッショーネも総合職、販売職、双方の案件をカバーしています。ただし、ファッショーネは関東地方に特化しているエージェントなので、地方の人が利用するのは難しいです。

  • アパレル派遣なび

    アパレル派遣なび販売職専門の求人情報サイト。店舗スタッフの求人を探す時には、イチオシのサイトです。派遣社員の求人情報サイトですが、正社員登用を前提とした紹介予定派遣など、長期的に働ける仕事が多くなっています。

このページの先頭へ