LVJグループの中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境など~

LVJグループの中途採用事情

 

ルイ・ヴィトン、セリーヌ、ケンゾー、ディオール等、多数の人気ブランドを傘下におさめる、世界3大ファッショングループの一つ、LVMHの日本法人、LVJグループ。LVMHウォッチ&ジュエリー・ジャパン、LVMHフレグランスブランズと並んで、日本における販売事業を担っています。

 

LVJグループの主な取り扱い製品は、ファッションアイテムであり、高級消費財市場の成長や、インバウンド需要の影響で、近年は好調を維持しています。

 

ここ最近、勢いが一端、落ち着いた感がありますが、日本を含むアジア市場は、LVMHグループのなかでも、最重要と位置づけられており、さらなるブランド強化を図るなど、事業拡大の動きを見せています。

 

LVJグループの採用事情に関しては、元々、それほど組織規模が大きな会社ではないので、他の高級ブランドと比較しても、求人数自体は少なめですが、常に、何らかの募集がかかっています。

 

このページでは、LVJグループの中途採用求人の傾向、及び、社員年収、社内の労働環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

LVJグループの中途採用求人の傾向

繰り返しになりますが、LVJグループから出ている求人の数というのは、限られています。そのため、タイミングによって、募集対象となる職種も異なるのですが、おおむね、下記のような職種を対象に、中途採用の求人が発生しています。

 

  • ストアスタッフ、店長候補
  • マーケティング
  • 営業
  • 店舗開発
  • 広報

 

いずれの職種においても、該当業務における実務経験を有することが、応募条件となっていますが、経験年数については、2年程度でOKとするものから、5年、10年といった経験が求められるまで、幅広くなっています。

 

同一職種でも、求人によって、要求レベルが異なるので、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

求人情報を入手するための方法ですが、LVMHグループ内の公式サイトにおいて、求人情報ページが開設されており、そこから、地域・職種などを指定して、検索をかけることが出来るようになっています。
https://www.lvmh.co.jp/%e4%ba%ba%e6%9d%90/

 

ただし、フランス本社が管理しているシステムなので、英語表記となります。また、LVJグループの求人に関しては、掲載漏れが出ていることもあるので、この点は注意が必要です。

 

LVJグループは、転職会社経由でも募集をかけていますが、こちらのほうが正確なので、LVJグループの求人情報を入手したい時には、転職会社に問い合わせたほうが賢明です。

 

このページの最後に、LVJグループの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますので、連絡を取ってみてください。

 

LVJグループの社員年収・昇給制度について

LVJグループに勤務する社員の年収ですが、いくつか、年収事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

【販売職】

  • 20代 ショップスタッフ 年収350万円
  • 30代 販売スタッフ 年収400万円
  • 29歳 サブマネージャー 年収450万円
  • 35歳 店舗マネージャー 年収500~600万円

【総合職】

  • 35歳 営業 年収490万円
  • 30代 販売促進 年収520万円
  • 20代 マーケティング 年収600万円
  • 28歳 管理マネージャー 年収680万円
  • 38歳 経営企画 年収1000~1200万円

 

LVJグループでは、年俸制が採用されています。毎月、16分割されたものが支払われる仕組みとなり、ボーナス月(夏季、冬季)には、プラス2か月分が、支給されることになります。

 

LVJは、世界有数のアパレルブランドだけあって、業界内でも、高めの給与設定となっています。特に、総合職であれば、役職なしでも、年収600万円、管理職に就いた場合には、年収1000万超えも珍しくないので、高所得を目指している人は、要チェックです。

 

福利厚生に関しては、ごく一般的なレベルとなりますが、グループ内のブランドアイテムを安く購入出来る社員割引制度があり、家族も利用出来るので、社員の間では、人気があります。

 

昇給については、毎年、チャンスはありますが、給与が変わらない年も多く、上がったとしても少額にとどまるケースが多いので、上級職にステップアップしない限り、大幅な給与増は望めないと考えてください。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途で入社する時には、前職までの経歴をもとに、年収額が設定されることになりますが、金額については、交渉する余地があるので、LVJからの提示額に納得がいかない場合には、そこで諦めず、自分の希望条件を伝えて、きちんと話し合うことをオススメします。

 

交渉した結果、実際に数字が上がるケースもあるので、はなから妥協してしまうのはNGです。(もったいないです。)

 

もし、こういった条件交渉を自分で行うのは、気が引けるということであれば、前述した転職会社に代行してもらってください。彼らは、この手の交渉事に慣れているので、スムーズに話を進めてくれます。

 

良い方向に話がまとまるケースが多いですし、依頼すれば、快く引き受けてくれるはずなので、遠慮せずに相談してみてください。(交渉が苦手という人が、下手に自分で会社と話をするよりも、よっぽどうまくいきます。)

 

LVJグループの評価制度について

LVJグループの評価制度は、自分が設定した目標の達成度をベースに、人事査定を行う成果主義となっています。

 

なお、目標というのは、ストアスタッフ・営業といった職種においては、売上となり、数字でハッキリと把握出来るので、指標としては分かりやすいのですが、それ以外の職種については、数値化するのが難しいこともあり、評価基準は曖昧になりがちです。

 

その結果として、査定役である直属の上司の意向次第となっているのが実情なので、常日頃から、上司とコミュニケーションを取り、期待される役割を把握したうえで、その役割を果たすように、心がけることが、この会社において、高評価を得るためのコツとなります。

 

なお、LVJグループの特徴として、ポジションが上がれば上がるほど、過程より数字を重視する傾向にあります。逆に言えば、下のポジションにいる時には、努力や仕事への姿勢といったプロセスも評価対象になるので、真面目な人が報われやすいという側面があります。

 

教育制度・成長環境について

LVJグループは、基礎研修から、キャリアアップのための勉強会まで、知識を得るための機会が豊富に用意されています。ちなみに、マネジメント職の場合は、外部講師を交えての勉強会などにも参加出来るので、様々なノウハウを学ぶことが可能です。

 

ただし、ラグジュアリーブランド独特の接客方法や、マーケティング手法など、実務を通じてしか習得出来ないスキルも多く、勉強する機会というのは、あくまでも補助的なものとなります。本当に重要なことは、仕事を通じて身につけていくことになると考えてください。

 

ワークライフバランスについて

LVJグループは、残業が殆どないうえ、休みが多い会社なので、プライベートと仕事の両立がしやすい環境です。

 

有給に関しても、会社目標として、取得率100%を掲げており、有給が全消化出来るように、環境整備に務めているので、遠慮なく申請することが出来ます。実際に消化率は高く、ワークライフバランスは極めて良好と言えます。

 

ただし、海外企業とのやりとりが日常的に発生する部署や、休日に催事を行うことになる職種においては、深夜残業や休日出勤の機会が生じることになるので、その点は不便です。

 

(ただし、代休を取得する、深夜での会議が発生する時には、出勤時間を遅くするといった、調整を加えることは可能なので、拘束時間自体は、それほど増えるわけではありません。)

 

女性の働きやすさについて

LVJグループは、業種がら、女性が主軸として活躍している会社であり、数多くの女性社員が、男性と同じように、働いています。キャリアアップのチャンスも、男女平等となっており、マネージャー職だけでなく、ディレクター職に就いている女性も、多数存在します。

 

子育て支援体制についても、しっかりしており、産休・育休が取得出来るほか、復帰後は、時短勤務を選択することが可能なので、出産後も無理なく働けます。託児所サービスなど、新しい取り組みも取り入れているので、今後は、ますますサポート体制が充実することが期待出来ます。

 

LVJグループの転職先としての価値

ここまで、LVJグループの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、ワークライフバランスが良好なうえに、給与も高い会社なので、アパレル業界内で、転職を目指すのであれば、有望な転職先候補の一つと断言出来ます。

 

自分を成長させることが出来る環境でもあるので、スキルアップ・キャリアアップを目指す人にも、オススメの会社です。ただし、成果主義の会社ということもあり、仕事で結果を出せないと、居場所がなくなる可能性があります。

 

厳しさも同居する会社であるということは、忘れないようにしてください。のんびり、マイペースで働きたいという人にとっては、向かない会社なので、このあたりは、自分の特性、自分が望む働き方と照らし合わせながら、転職の判断を下すことをオススメします。

 

最後に、LVJグループの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますので、最新の求人事情については、直接問い合わせてみてください。

 

なお、転職会社は、社内事情に精通しているので、自分に向いている会社なのかどうか、判断がつかないという時には、意見を求めるのもアリです。プロの視点で冷静に分析してくれるので、参考になります。

 

また、タイミングによっては、自分が希望する職種において、LVJグループでは、求人を出していないというケースもあると思いますが、その時には、転職会社は、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人を紹介してもらうのが、オススメです。

 

自分の希望条件を伝えれば、それらの条件を満たす求人を探し出してくれます。自分で探す手間が省けて便利なので、ぜひ、こういった活用もしてみてください。

 

<LVグループの中途採用求人を扱っている転職会社>

アパレル業界の求人に強い転職支援会社ベスト3

アパレル業界の求人に強い転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントがアパレル関係の求人案件を保有していますが、そのなかでも保有求人数が多いエージェントを3社選んでいます。

 

  • クリ-デンス

    クリ-デンス

    国内最大の保有求人数を誇るアパレル業界専門の転職エージェント。総合職、販売職、双方の求人案件を幅広く扱っています。東海や関西、九州を中心として、全国各地の案件を扱っています。

  • ファッショーネ

    ファッショーネ

    クリーデンスに次ぐ求人を保有するアパレル業界専門の転職エージェント。ファッショーネも総合職、販売職、双方の案件をカバーしています。ただし、ファッショーネは関東地方に特化しているエージェントなので、地方の人が利用するのは難しいです。

  • アパレル派遣なび

    アパレル派遣なび販売職専門の求人情報サイト。店舗スタッフの求人を探す時には、イチオシのサイトです。派遣社員の求人情報サイトですが、正社員登用を前提とした紹介予定派遣など、長期的に働ける仕事が多くなっています。

このページの先頭へ