ジャヴァコーポレーションの中途採用事情~社員年収、就労環境など~

ジャヴァコーポレーションの中途採用事情

 

BEBE、VICKY、LAUTREAMONT、KETTY、LIPSTARなど、20~30代の女性をターゲットとしたブランドを複数展開している、神戸発のアパレルメーカー、ジャヴァコーポレーション。商品企画から販売までを、一貫して自社で行っているメーカーです。

 

1964年の創業以来、実績を積み上げ、今では、売上高420億円、従業員数1300名の大企業に成長しています。

 

職場として見た場合には、ジャヴァコーポレーションは、キャリアの流動性が高い会社であり、営業、商品企画、デザイナー、広報、MDといった総合職に就いて、活躍している社員の大半が、販売スタッフ出身です。

 

そのため、ジャヴァコーポレーションの求人というのは、販売職が中心となりますが、ゆくゆくは総合職へ転身出来る可能性が大です。

 

アパレルの総合職となると、経験者でないと、転職出来るケースは限られているので、未経験者にとっては、自分が目指すキャリアを追求する、具体的な最初の一歩として、オススメです。

 

このページでは、ジャヴァコーポレーションの中途採用求人の傾向、及び、社員の給与水準、社内の労働環境などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

ジャヴァコーポレーションの中途採用求人の傾向

先ほども触れたように、ジャヴァコーポレーションの中途採用求人は、販売スタッフがメインとなりますが、店長候補者を募集する求人や、本社勤務の総合職、事務職の求人が出てくることもあり、このあたりは、多種多彩です。

 

応募条件に関しては、総合職、及び、店長候補に関しては、それぞれの職種における実務経験が必須となりますが、それ以外の職種に関しては、経験不問となっており、未経験者でも応募可能ですし、もちろん、経験があれば歓迎され、それに見合うだけの待遇を受けられます。

 

求人情報の入手方法についてですが、ジャヴァコーポレーションは、採用情報専用のFacebookページを設けており、そちらから、情報発信を行っています。
https://www.facebook.com/javacorporation.recruit/

 

ただし、どちらかと言えば、新卒者向けの情報がメインとなっており、中途採用の情報を探すのは、なかなか大変です。(Facebookなので、なかなか、過去の情報も探しにくいです。)

 

ジャヴァコーポレーションは、中途に関しては、転職会社経由でも、募集をかけていますが、問い合わせれば、すぐに求人情報を教えてくれるので、最初から転職会社に確認したほうが、シンプルで楽です。

 

このページの最後に、情報源としてオススメの転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ジャヴァコーポレーションの社員年収・昇給制度について

ジャヴァコーポレーションに勤務する社員の給与水準ですが、年収事例をいくつか挙げると、下記の通りとなります。

 

【販売職】

  • 20代 販売員 年収200万円
  • 30代 販売スタッフ 年収260万円
  • 20代 店長 年収300万円
  • 30代 エリアマネージャー 年収380万円

【総合職】

  • 20代 一般事務 年収250万円
  • 20代 ルートセールス 年収300万円
  • 30代 PR 年収400万円
  • 40代 営業 年収500万円

 

ジャヴァコーポレーションは、基本給に加えて、年に2回(7月、12月)、賞与が支払われる給与体系となっており、業績次第では、通常の賞与とは別に、決算賞与が支給されることもあります。職種によっても異なりますが、決算賞与は100万円以上になることもあるので、かなり大きいです。

 

(ちなみに、上記の年収例には、決算賞与は含まれていないので、決算賞与が支給される時には、この金額に、数十万から100万以上が、プラスされると考えてください。)

 

残業代に関しては、15分単位で支給される形となり、サービス残業はゼロです。福利厚生については、退職金制度、社員割引制度、各種手当、保養施設などが用意されており、アパレル企業としては、なかなかの好待遇となっています。

 

昇給に関しては、年功序列型の会社なので、毎年、少しずつ給与が上がりますが、部長職以上の役職に就かないと、年収が大幅に上がることは、まずないと考えてください。

 

ジャヴァコーポレーションの評価制度について

ジャヴァコーポレーションの人事評価制度は、年に1回、業務遂行力、日常の勤務態度などをベースに、直属の上司が査定を行うものとなりますが、評価基準が社内で明らかにされていないこともあり、不明瞭な部分があります。

 

また、先ほども触れましたが、ジャヴァコーポレーションは、年功序列制度を採用している会社なので、在籍期間が長いほど、昇進のチャンスが増えるようになっています。

 

逆に言えば、いくら実績を出したとしても、すぐに昇進に繋がるということは極めて稀なので、実力勝負の世界で、バリバリ働いて、それに見合うだけの収入・ポジションを手にしたいというタイプの人にとっては、モチベーションの維持が難しい会社と言えます。

 

ちなみに、上級職のポストには限りがあるので、長く務めれば、それだけで昇進出来るというわけでも、ありません。昇進の対象になる人間のなかでは、競争が起きることになり、そこでは、それまでの人事評価、勤務実績がモノを言うので、長い目で見れば、評価は重要です。

 

ただし、前述したように、評価基準が明確化されていないだけに、結局は上司の目に叶うかどうかということが、決定的な要素となってきます。

 

そのため、上司から期待されている役割を正確に把握して、その役割を全う出来るような人間でないと、ジャヴァコーポレーションで出世していくのは難しいです。

 

教育制度・成長環境について

ジャヴァコーポレーションでは、人事育成のカリキュラムがきちんと組まれており、基礎から応用まで、段階を追った様々な研修プログラムが用意されているので、こういったものを利用して、商品や業務に関する知識を得ることが可能です。

 

また、不定期ではありますが、社外講師を招いた勉強会も開催されており、そこでは、汎用的なビジネススキルを学ぶことが出来るようになっています。

 

職種によっては、業務の特性上、あまり机上の勉強が役に立たないというケースもありますが、そういった職種においては、OJTに力が入れられています。

 

上司やベテランスタッフからの指導が徹底しており、現場での仕事を通じて、効率的に業務遂行上、必要不可欠な知識・技術を身につけることが出来ます。

 

ワークライフバランスについて

ジャヴァコーポレーションは、残業時間を削減する方向で会社が動いていることもあり、残業時間は少なめという部署が大半を占めています。休日出勤も殆どなく、計画的に休みのプランを考えることが出来るので、定期的に旅行などの家族サービスを行う人が多いです。

 

一方、有給については、所属部署の忙しさや上司の意向によって、多少の違いがあるのですが、基本的には、取得は簡単ではありません。

 

病気など、やむを得ない事情がある時には、申請がそのまま認められていますが、それこそ、旅行に行きたいからといったような理由だと、スンナリ受け入れられてもらえるケースは、少ないです。職場の雰囲気として、申請しづらいという雰囲気もあり、有給の消化率は低いです。

 

まとめると、ジャヴァコーポレーションは、通常の休み自体はしっかり取れるし、平日もアフター5を楽しめるような余地があるけど、長期休暇を取るのは難しいといったような状況にある会社です。

 

女性の働きやすさについて

ジャヴァコーポレーションは、女性社員の割合が高い会社ということもあり、仕事の内容・割り振りに男女差はないですし、昇進の機会についても、平等に与えられています。(女性管理職の数が多い会社です。)

 

業種がら、男性より女性のほうが主役となるような職場も存在しており、そのような部署においては、管理職の大半を、女性が占めているほどなので、ジャヴァコーポレーションは、女性にとっては、非常に働き甲斐がある会社と言えます。

 

また、ジャヴァコーポレーションでは、育児支援体制も整備されており、よほどのことがなければ、希望通りに、産休・育休を取得出来ますし、復帰後には、時短勤務の利用が可能となっているので、子育てに支障を来すことなく、仕事を続けることが出来ます。

 

こういった会社なので、産休・育休の取得実績が多いですし、そのため、職場の雰囲気としても、子育てに対する理解があり、子供の急病など、何かあった時にも、サポートを受けられるので、安心です。

 

ただし、一時的に人員不足に陥っているなど、産休・育休の取得が難しいケースもあるので、子育てとの両立を念頭において、転職先を探している人は、自分が配属先されることが想定される部署の状況について、事前に調べておくことをオススメします。

 

ジャヴァコーポレーションの転職先としての価値

ここまで、ジャヴァコーポレーションの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、業務遂行のための知識や技術だけなく、汎用的なビジネススキルを学ぶ機会も用意するなど、社員教育に力を入れている会社なので、スキルアップに意欲的な人には、オススメです。

 

その反面、年功序列の会社であり、仕事で結果を出したとしても、それが、即、昇進や給与アップにつながるわけではないので、やり甲斐という点では、劣る部分もあります。

 

でも、残業が少なく、週休2日は確保されているので、しっかり休めるので、労働環境は悪くない。かといって、有給は取りづらいので、連続の休みは難しい・・・

 

基本給はそれほどではないけど、決算賞与は高額なので、ここは魅力的、でも、必ず支給されるわけではないので、もらえなかった年の収入は少ない・・・

 

こんなふうに、長所と短所が織り交ぜられた会社と言えるので、どこに魅力を感じるかによって、ジャヴァコーポレーションの転職先としての価値は、変わってきます。

 

結局は、自分の考え方次第ということになってくるので、自分に合う会社なのかどうかということを、冷静に見極めたうえで、転職の判断を下すようにしてください。

 

最後に、ジャヴァコーポレーションの中途採用求人を扱う転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情を把握しているので、このあたりの判断がつかないということであれば、相談してみるのもアリです。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、他社の求人を紹介してもらって、比較してみるのもアリです。ジャヴァコーポレーション以上に自分に合う会社が見つかるかもしれないので、ぜひ他社のことについても聞いてみてください。

 

<アパレル業界に強い転職会社>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

アパレル業界の求人に強い転職支援会社ベスト3

アパレル業界の求人に強い転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントがアパレル関係の求人案件を保有していますが、そのなかでも保有求人数が多いエージェントを3社選んでいます。

 

  • クリ-デンス

    クリ-デンス

    国内最大の保有求人数を誇るアパレル業界専門の転職エージェント。総合職、販売職、双方の求人案件を幅広く扱っています。東海や関西、九州を中心として、全国各地の案件を扱っています。

  • ファッショーネ

    ファッショーネ

    クリーデンスに次ぐ求人を保有するアパレル業界専門の転職エージェント。ファッショーネも総合職、販売職、双方の案件をカバーしています。ただし、ファッショーネは関東地方に特化しているエージェントなので、地方の人が利用するのは難しいです。

  • アパレル派遣なび

    アパレル派遣なび販売職専門の求人情報サイト。店舗スタッフの求人を探す時には、イチオシのサイトです。派遣社員の求人情報サイトですが、正社員登用を前提とした紹介予定派遣など、長期的に働ける仕事が多くなっています。

このページの先頭へ