三景の中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境など~

三景の中途採用事情

 

裏地や芯地、ボタン、レーベルなど、アパレル・ファッションに欠かせない服飾衣料資材の製造販売事業を展開するアパレルメーカー、三景。国内外に多数の取引先を持つ、業界を代表するサプライヤーですが、それに加えて、受注生産の分野にも積極的に進出しています。

 

商品企画・デザインの立案から、資材の企画・調達、縫製・生産、品質管理まで、アパレル製品の製造に関するプロセスをトータルで請け負っており、企画力・品質力の高さから、取引高を順調に伸ばしています。

 

今では、海外のブランドへも納品するまでに至るなど、グローバル市場においても、シェアを広げることに成功しており、そのため、構造的な不況に悩む日本のアパレル企業としては、例外的に、好業績を挙げています。

 

こういった背景から、人員態勢の強化に取り組んでおり、人材採用の動きが活発化しています。中途採用に関しても、様々な職種において、求人が発生しているので、三景への転職のチャンスは、豊富に存在します。

 

転職を目指すのであれば、今は格好のタイミングなので、真剣に検討することをオススメします。このページでは、三景の中途採用求人の傾向、及び、社員年収・給与水準、労働環境などについてまとめているので、参考にしてください。

 

三景の中途採用求人の傾向

中途に関しては、営業、生産管理、品質管理の3職種において、特に、求人の発生頻度が高くなっています。いずれも、該当業務に関する実務経験が必須となります。

 

また、海外業務の担当者を募集する求人が出てくることもあり、その時には、語学スキル(英語・中国語)も、必要要件に入ってくると考えてください。

 

ちなみに、営業に関しては、アシスタント、事務員を募集する求人も出ており、こちらは未経験者でも応募可能です。(ただし、経験者のほうが優先的に採用されているので、当たり前ですが、経験がある人のほうが有利ですし、給与面でも厚遇される可能性が大です。)

 

上記の3職種以外では、人事、経理財務、法務、マーケティング、広報、デザイナー、パタンナーを募集する求人が出てくることがありますが、発生頻度は少なめとなります。

 

応募条件については、上記の3職種と同様です。こちらも、海外業務を担当するケースがあり、その時には、語学スキルが要求されるのも一緒です。

 

求人情報の入手方法

三景は、中途に関しては、民間の転職エージェント経由で、募集をかけているので、求人情報を入手する際には、エージェントに問い合わせる必要があります。このページの最後に、三景の求人を扱っている代表的な転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

なお、三景の公式サイト内には、採用ページが開設されていますが、このページは新卒者向けであり、中途に関する求人情報は掲載されていません。

 

そこだけ見ると、中途の募集がゼロと勘違いしてしまいがちですが、実際には、エージェント経由で、募集がかかっているケースが多々あるので、注意してください。

 

三景の社員年収・昇給制度について

三景に勤務する社員の給与水準ですが、職種別に年収事例を幾つか挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 30歳 人事 年収450万円
  • 30歳 営業事務 年収400万円
  • 27歳 国際事業 年収550万円
  • 31歳 営業アシスタント 年収300万円
  • 28歳 営業 年収550万円
  • 25歳 経理 年収300万円
  • 34歳 経理 課長 年収650万円
  • 43歳 管理部門 部長 年収800万円

 

三景の給与体系は、基本給に加えて、年2回の賞与が支給されるというものとなっており、同業他社と比べた場合、ほぼ標準、もしくは、やや低めの給与設定です。

 

賞与の支給額については、会社の業績や個人評価によって、若干の違いはありますが、おおむね、基本給1ヵ月分になると考えてください。

 

営業など、一部の部署においては、インセンティブ制度が設けられており、3ヶ月ごとに、成績上位者に対して、支給されていますが、額としては、それほど大きなものではないです。

 

昇給に関しては、三景は年功序列となっており、勤続年数に応じて、少額ではありますが、毎年、必ず、基本給が上がるようになっています。ただし、課長クラス、部長クラスになると、定期昇給はなくなり、実績ベースで、昇給額が決まるようになります。

 

概要としては、こういったものとなりますが、職種や部署によって、状況が異なる部分があるので、三景への転職に関心がある人は、検討している段階において、自分が狙っている職種の状況において、正確なところを確認しておくことを、オススメします。

 

三景の評価制度について

三景の評価体制は、前述したように、これまで勤続年数に比例して、昇進のチャンスが増える年功序列制度となっています。個人目標の達成率を査定時に加味することもありますが、実績や売上で良い結果を出しても、即、昇給・昇進となる可能性は低いです。

 

また、三景の評価制度は、細かく評価項目が決まっているうえ、3ヶ月ごとに査定を行うようになっているなど、かなりしっかりしているのですが、それに見合うだけの運用がされているとは言えず、評価が、おざなりになっている部分もあります。

 

結果として、あいまいな評価で終わることがあり、不透明さを実感する社員の割合が高いのが、実情です。評価が実利(昇給・昇進)に直結しないため、あまり問題視されることがなく、そのまま続けられているというような状況です。

 

教育制度・成長環境について

三景は、研修制度をしっかりと整備している会社です。繊維・服飾資材といった業界に関する知識だけでなく、貿易・営業・商品企画・海外市場の動向など、広範囲な知識を学ぶことが出来るようになっています。

 

また、不定期ではありますが、コミュニケーションスキル、ビジネスマナーといった、汎用的なビジネススキルを学ぶための勉強会が、社内で開催されています。

 

仕事を通じて、習得出来るスキルが多いですし、海外業務に従事した場合には、外国語での折衝力や、コミュニケーションスキルといったものも、自然に磨かれることになるので、自分を成長させられる環境と言えます。

 

ワークライフバランスについて

三景は、営業職を除けば、残業が少ないうえ、完全週休2日制となっており、休みもしっかり取れるので、プライベートを重視する人にとっても、十分に満足出来る職場環境と言えます。

 

有給についても、事前調整が必要とはなりますが、時間的な余裕を持って、前倒しで上司に相談しておけば、希望通りに取得出来るケースが多いです。

 

一方、営業職の場合、一人当たりの業務量が多いため、残業が常態化しているほか、週末に出勤して、働かざるを得ないこともありますし、有給に関しても、急病でもなければ、取ることが難しいので、決して、就労環境が良好とは言えません。

 

ただし、営業でも、仕事が速い人、業務管理が上手な人だと、オフの時間を確保しているケースもあります。有給を取って、旅行を楽しんでいるむといった人もいるので、自分の努力次第では、プライベートを充実させることも出来る職場ではあるようです。

 

女性の働きやすさについて

三景は、仕事の内容において、男女で差が付くことはないですし、昇進についても、性別を問わず、平等な機会が与えられています。実際、三景は、女性管理職の数が多い会社なので、女性の働きやすさという点については、問題なしです。

 

ただし、そのなかにおいて、例外となるのが営業部です。男性社員の割合が高いということもあり、管理職の大半は、男性が占めることになります。また、三景は、営業出身者が、出世しやすい会社なので、部長以上の幹部クラスとなると、男性が圧倒的に多くなっています。

 

子育てとの両立に関しても、やはり、営業部とそれ以外の部署では、状況が異なります。基本的に、産休・育休が取得しやすい会社であり、実際に休みを取る人が多いですし、復帰後は、時短勤務を利用して、仕事と子育てを両立させながら、働くことが出来ます。

 

しかしながら、先ほども触れたように、営業は、かなり忙しいので、小さな子供を育てながら、仕事を続けるというのは、かなり難しいです。幸い、産休・育休は取れるので、そのタイミングで、管理部門への異動を申請するなど、営業部を離れることを模索したほうが賢明です。

 

三景の転職先としての価値

ここまで、三景の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、いかがだったでしょうか。人によって、会社に求めるものが異なるので、自分が何を重視するかによっても、転職先としての魅力度は大きく変わってくるでしょう。

 

このあたりは、自分自身の価値観と照らしあわせながら、判断して頂きたいのですが、『絶対に、この会社に転職すべき!』と、断言するほど、好待遇の会社ではないので、最終的には、他社との比較ということになってきます。

 

ぜひ、色々な会社の求人情報を入手して、見比べたうえで、三景を転職先候補に入れるのかどうか、判断するようにしてください。

 

下記に、三景の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは、アパレル業界に精通しているので、ぜひ他社の求人についても、聞いてみてください。

 

なお、このなかで、『リクルートエージェント』、『マイナビエージェント』の2社については、総合系の転職会社なので、様々な業種の企業の求人案件を押さえています。もし、アパレル以外の業種の会社に興味があるようでしたら、この2社に相談してみてください。

 

<アパレル業界に強い転職会社>

 


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

アパレル業界の求人に強い転職支援会社ベスト3

アパレル業界の求人に強い転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントがアパレル関係の求人案件を保有していますが、そのなかでも保有求人数が多いエージェントを3社選んでいます。

 

  • クリ-デンス

    クリ-デンス

    国内最大の保有求人数を誇るアパレル業界専門の転職エージェント。総合職、販売職、双方の求人案件を幅広く扱っています。東海や関西、九州を中心として、全国各地の案件を扱っています。

  • ファッショーネ

    ファッショーネ

    クリーデンスに次ぐ求人を保有するアパレル業界専門の転職エージェント。ファッショーネも総合職、販売職、双方の案件をカバーしています。ただし、ファッショーネは関東地方に特化しているエージェントなので、地方の人が利用するのは難しいです。

  • アパレル派遣なび

    アパレル派遣なび販売職専門の求人情報サイト。店舗スタッフの求人を探す時には、イチオシのサイトです。派遣社員の求人情報サイトですが、正社員登用を前提とした紹介予定派遣など、長期的に働ける仕事が多くなっています。

このページの先頭へ