マインドウインドの中途採用事情~求人の傾向、社員年収、就労環境など~

マインドウインドの中途採用事情

 

A.S.M、サブ ストリート、JETSETなど、複数の独自ブランドを運営する、中堅アパレルメーカー、マインドウインド。SOLO PLUS、NORD SUDといった自社運営のセレクトショップを保有するなど、企画製造から流通・販売までを一手に行っているメーカーです。

 

そのため、企画から商品化、販売までのサイクルが非常に短く、顧客からのフィードバックを受けて、素早く新商品の開発・既存商品のリニューアルに取り組むなど、機動力に溢れた企業です。

 

そのため、一人一人の社員が、責任を持って主体的に働いており、自主的に行動出来る人であれば、それこそ、入社直後から、単身、海外に飛んで、交渉・打ち合わせを行ってくるといったことも可能です。

 

そういった意味では、チャンスに恵まれている会社と言えます。中途採用の求人が、頻繁に発生しているので、アパレル業界において、転職先を探している人は、候補として、頭に入れておくことをオススメします。

 

このページでは、マインドウインドの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、社内の就労環境についてまとめているので、参考にしてください。

 

マインドウインドの中途採用求人の傾向

中途に関しては、販売職の求人が最も多くなりますが、本社勤務の総合職に関しても、デザイナー、パタンナー、マーケティング、営業、生産管理、品質管理、総務、人事、経理財務、経営企画など、様々な職種を対象に、求人が出ています。

 

また、自社オンラインショップを通じての拡販に力を入れていることもあり、システムエンジニア、Webデザイナー、Webディレクターといった職種において、募集がかかる頻度が高くなっています。

 

応募条件に関しては、いずれの職種においても、該当業務に関する実務経験が必須となります。これは、販売職も同様なので、未経験者からの応募を受け付けている会社が多い、アパレルメーカーとしては、厳しめの条件が設定されていると言えます。

 

求人情報の入手方法

マインドウインドには、採用情報ページが開設されており、そちらのページにおいて、現在、募集がかかっている中途採用求人の詳細について、確認することが出来ます。

 

また、問い合わせ先のアドレスが記載されているので、何か質問があれば、そこから連絡を取ることも可能です。
http://www.mindwind.jp/recruit.html

 

ただし、注意点として、マインドウインドは、中途採用に関しては、転職エージェント経由でも募集をかけていますが、求人によっては、エージェント経由でしか、募集を受け付けていないというケースもあります。

 

特に、総合職の求人に関しては、こういったケースが多いので、マインドウインドの求人情報を確認する際には、公式サイト、転職エージェント、双方を押さえておくことをオススメします。

 

このページの最後に、マインドウインドの中途採用求人を扱っている、代表的な転職エージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

社員の年収・給与制度について

マインドウインドに勤務する社員の給与水準ですが、販売職、総合職、それぞれの年収事例を上げると、下記の通りとなります。

 

【販売職】

  • 26歳 販売員 年収300万円
  • 30歳 販売スタッフ 年収340万円
  • 28歳副店長 年収400万円
  • 33歳 店長 年収480万円

【総合職】

  • 27歳 営業 年収450万円
  • 34歳 営業マネージャー 年収580万円
  • 28歳 商品企画 年収450万円
  • 30歳 デザイナー 年収440万円
  • 36歳 デザイナー 年収500万円

 

マインドウインドの給与体系は、基本給に加えて、賞与(7月、12月の年2回)が支給されるといったものとなります。加えて、販売職に関しては、販売報奨金制度が整備されており、売上実績を積み重ねることで、給与アップが可能です。

 

賞与は、会社の業績、及び、部署の売上によって決まるので、会社の経営状態次第では、賞与がもらえない年もあります。

 

アパレル業界内では、平均的な給与水準ですが、職種や配属先によって、給与に差が出るので、転職を検討する際には、自分が希望する職種(販売職に関しては、勤務地)の給与額が、どれくらいになるのか、事前に調べておくことをオススメします。

 

昇給については、毎年1回、小額ですが、殆どのスタッフの給与が上がる傾向にあります。福利厚生については、一般的なものとなりますが、必要なものはほぼ揃っているので、不満を感じる社員は少ないです。

 

マインドウインドの評価制度について

マインドウインドは、半期に一度、業務態度や配属先の売上・実績などを確認して、直属の上司が査定を行います。結果を出せなかった時でも、努力をしていると認められれば、評価がプラスになることもあるので、このあたりは、人間味がある評価制度と言えます。

 

なお、具体的な評価基準については、職種によって、大きな違いがあります。たとえば、営業・販売といった職種だと、売上や実績などの数字が、主要な評価指標となり、誰から見ても分かりやすいので、公平な評価と感じる社員が多くなっています。

 

一方、営業・販売以外の職種においては、明確な評価基準を設定することが難しいこともあり、最終的には、上司の考え一つとなるので、部署間、チーム間で、評価が一定しないという問題点が生じています。

 

上司がキーポイントとなるので、日頃から、意思疎通をしっかり図って、上司の期待に沿う仕事を行うことが、この会社で評価を得るうえでは、重要です。

 

ちなみに、これは全職種共通ですが、マインドウインドは、全社的な特徴として、チームワークを大切にする会社なので、どの職場においても、コミュニケーション能力が高い人ほど、高評価を受けやすい傾向があります。

 

教育制度・成長環境について

マインドウインドは、アパレルに関する基礎的な知識を学ぶための研修制度を整備していますが、社内の教育プログラムというのは、これぐらいであり、座学で学べる機会というのは、少ないです。

 

ただし、先輩や上司からきちんと指導してもらえるので、日常の業務を通じて知識やスキルを習得出来る環境が整っていますし、自分から意思表示すれば、様々な仕事にチャレンジさせてくれる会社なので、やる気があれば、幾らでも、自分を成長させることが出来ます。

 

マインドウインドは、部署間の風通しもよく、様々な職種の人と関わりを持つことが出来ますし、上層部にいる優秀な管理職と一般社員との距離が近い会社でもあるので、自分から近づいていけば、多くの人から、知識やスキルを学ぶチャンスを得られます。

 

その気になれば、経営的なことについて、話を聞くことも出来るので、キャリア志向が強い人にとっては、充実感を味わえる職場なのではと思います。

 

ワークライフバランスについて

職種や部署によって、多少の差がありますが、基本的に、マインドウインドは、業務量が多い会社です。特に、人員が足りていない部署では、毎日、残業が発生したり、急な仕事が入って、休日に出勤することになったりということが、当たり前となっています。

 

特に、管理職に就くと、さらに仕事量が増えるため、深夜残業で終電を逃してしまったというケースも珍しくないようです。

 

こういった状況なので、ワークライフバランスを重視する人だと、不満を感じてしまう可能性が大ですが、例外的に、就労環境が良好な部署・店舗も存在するので、興味がある人は、事前に確認してみてください。

 

※補足)
会社に直接、問い合わせても、こういった耳障りの悪いことは、オブラートに包まれた形で、返されてしまうかもしれないので、転職エージェントに確認したほうが、より確実です。

 

女性の働きやすさについて

マインドウインドは、仕事内容や昇進・昇給の機会に関して、男女差が全くない会社なので、女性でも第一線で働けますし、その気になれば、課長職、部長職とキャリアアップを狙っていくことも可能です。(実際に、マインドウインドでは、管理職に就いている女性が、非常に多いです。)

 

しかしながら、前述したように、昇進するごとに、仕事の負担が重くなる会社なので、本気で管理職として働きたいのであれば、体力勝負という側面もあります。精神面だけでなく、肉体面でもタフさが必要なので、体を鍛えておくことも、重要です。

 

育児支援体制については、産休・育休といった制度は、用意されていますし、社内には、出産や育児に対して、理解を示す社員が多いのですが、人手不足に陥っている部署だと、休みを取りにくい雰囲気になっている状況です。

 

そのため、子育てをしながら、働くことを考えている人は、マインドウインドへの転職に関しては、会社側とも相談しながら、慎重に判断したほうが賢明です。

 

マインドウインドの転職先としての価値

ここまで、マインドウインドの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、印象としては、いかがだったでしょうか。

 

魅力を感じる部分もあれば、『ここは、ちょっと・・・』と敬遠したくなる部分もあったかもしれませんが、長所と短所が混在している会社と言えるので、職場に関して、何を重視しているのかによって、この会社の価値は変わってくると思います。

 

そのため、自分自身の価値観と照らしあわせながら、マインドウインドへの転職を目指すのかどうか、判断することをオススメします。

 

下記に、マインドウインドの中途採用求人を扱っている転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うようであれば、相談してみてください。客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。

 

また、エージェントは、様々な企業の求人案件を保有しているので、他社の求人を紹介してもらうというのもアリです。

 

別の企業と比較することで、マインドウインドの長所・短所が、より分かりやすくなりますし、その過程で、より自分に合う会社が見つかるかもしれません。

 

転職先を選ぶ際に、選択肢が多くて困ることはないので、ぜひ、色々な会社の求人案件をチェックしてみてください。(アパレル以外の会社の求人を見るのも、参考になると思います。)

 

<マインドウインドの中途採用求人を扱っている転職エージェント>

 

※補足1
このなかで、『リクルートエージェント』、『マイナビエージェント』の2社については、総合系の転職会社なので、様々な業種の企業の求人案件を押さえています。もし、アパレル以外の業種の会社に興味があるようでしたら、この2社に相談してみてください。

 

※補足2
転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。

アパレル業界の求人に強い転職支援会社ベスト3

アパレル業界の求人に強い転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントがアパレル関係の求人案件を保有していますが、そのなかでも保有求人数が多いエージェントを3社選んでいます。

 

  • クリ-デンス

    クリ-デンス

    国内最大の保有求人数を誇るアパレル業界専門の転職エージェント。総合職、販売職、双方の求人案件を幅広く扱っています。東海や関西、九州を中心として、全国各地の案件を扱っています。

  • ファッショーネ

    ファッショーネ

    クリーデンスに次ぐ求人を保有するアパレル業界専門の転職エージェント。ファッショーネも総合職、販売職、双方の案件をカバーしています。ただし、ファッショーネは関東地方に特化しているエージェントなので、地方の人が利用するのは難しいです。

  • アパレル派遣なび

    アパレル派遣なび販売職専門の求人情報サイト。店舗スタッフの求人を探す時には、イチオシのサイトです。派遣社員の求人情報サイトですが、正社員登用を前提とした紹介予定派遣など、長期的に働ける仕事が多くなっています。

このページの先頭へ