面接に成功するために必要なこと

アパレルメーカーの面接

 

このページでは、アパレルメーカーやファッションブランドへ転職したい人を対象に、面接に成功するために必要なことをまとめてみます。

 

なお、このページに書いてあることは、根本的な面接対策に関する内容となります。アパレル業界の場合、たとえばMDやパタンナー、デザイナーといった仕事は、かなり専門性の高い職種なので、専門知識を身につけておくことが大前提となります。

 

ある意味、医者や弁護士と一緒で、そのための専門校を出ていないと話になりません。ですから、面接に成功するためのテクニック論としても、そもそもの話として、こういった知識を勉強しておきましょう、こういった学校を卒業しましょうといった話が出ています。

 

こういった細かい部分については、下記のカテゴリーにおいて、職種別に必要なことを解説してありますので、そちらを参考にしてください。

 

  • 職種別転職成功テクニック
  •  

    では、ここから面接に成功するために知っておくべきことを一つずつお伝えしていきます。

     

    テクニックに頼らない

    面接に成功するための方法というと、あたかも『面接官の印象を良くする10のテクニック』みたいなことがあるかのように思われるかもしれません。実際に、こういったテクニックをまとめた対策本やサイトが存在していますが、まず役に立たないと思ってください。

     

    面接というのは、学校のテストとは違います。正解があって、それを答えればクリアという性質のものではなく、問われるのはあなた自身の人間力です。

     

    企業が評価する人材というのは、自分の頭で考えて、物事に対して自分なりの判断を下せる人、その考えを自分の言葉で伝えることが出来る人です。今風の言い方をすれば、地頭がいい人ということになりますが、テクニックを覚えるというのは、この真逆です。

     

    試験対策の一夜漬けのようなもので、考えるという作業が全く絡んでこないのが丸暗記ですが、これは採用する側が最も嫌うことです。

     

    自力で勝負

    では、どうすれば面接をパスするには、どうすればいいのか?

     

    それは常日頃から自分自身を高める努力を続けることしかありません。それまで何もしていなくて、来週面接があるからどうにかしたいというのは無理です。これで、どうにかなると考えている人は仕事をなめていますし、企業側もこういった姿勢の人間をアルバイトであればともかく、正社員として雇うことは、まずありません。

     

    たとえば、レディースアパレルショップの店員として働きたいということであれば、少なくてもファッション業界やレディースアパレルのことを勉強して、知識を身につけていく、ショップ店員という職業について調べておく(実際に、どんな仕事をするのか、そのためには、どんなスキルが必要なのか等)は必須条件です。

     

    ショップ店員は接客業なので、今まで接客業の経験がない人であれば、接客とはどういったものなのか勉強しておくことも重要です。

     

    また、ショップ店員というのは、在庫管理や商品の発注管理を行うことも多いので、こういった業務に関する理解を深めておくこともアリです。

     

    ここまでする人というのは、なかなかいないのですが、それだけに目立ちます。面接の時にも、勉強してきているというのはすぐに面接官に理解してもらえるはずです。

     

    こういった人は、やる気がある、入社後も真面目に働くと判断されるので、面接をパスする確率がアップします。

     

    じっくり、自分の頭で将来のことを考える

    要はどれだけ、仕事のことを本気で考えているかどうかにかかっています。そして、仕事のことを考えるというのは、自分の将来のこと、自分の人生のことを考えることにもつながります。

     

    今まで、こういった感覚を持ったことがない人にとっては、随分大げさなことのように感じるかもしれませんが、逆にこんなふうに感じてしまうからこそ、面接に落ちてしまうわけです。

     

    不景気と言われていますが、企業は常に優秀な人材を求めています。人材不足が悩みとなっている企業を探すのが大変なぐらいです。優秀な人は、幾らでも仕事先が見つかりますし、常に引く手あまたです。

     

    そして、優秀かどうかというのは、本気度にかかっています。真剣に仕事のことを考えている人であれば、常日頃から自分を高める努力をしていますし、そういった人は実力もあれば、魅力もあるので、仕事先を見つけるのも難しくありません。

     

    この部分をスルーして、何とかしようとしても無理です。

     

    本気で考える。

     

    これが最強の面接テクニックです。

     

    コミュニケーションの経験を積んでおく

    最後に、スキルということでいえば、一つだけテクニック的に学んでおいて損がないのがコミュニケーション能力です。

     

    仕事というのは人同士が行うことなので、コミュニケーション能力というのは非常に重要です。アパレル業界においても、それは一緒です。

     

    一見すると、コミュニケーションが必要なさそうに見える仕事であっても、実は最も重要なスキルだったりします。たとえば、パタンナー。個人作業と思われがちですが、デザイナーとの意思疎通が不可欠ですし、縫製工場とのやりとりも出てくるので、対人コミュニケーションが下手だと、業務に支障が出てきます。

     

    コミュニケーションが上手い人というのは、仕事が出来ます。コミュニケーションというと、性格の問題と思われるかもしれませんが、実はかなりの部分、テクニックでどうにかなることです。人付き合いが苦手な人でも、テクニックを身につけることで、十分やっていけます。(周囲から話上手と思われて、ビックリするぐらいです。)

     

    本屋にいけば、いくらでもコミュニケーション術の本があるので、そういった本を利用して勉強してみてください

     

    ちなみに、苦手な人だと、あまり想像が出来ないことかもしれませんが、コミュニケーションスキルというのは、違う言葉で言うと、『聞く力』となります。

     

    話上手な人=コミュニケーションが出来る人と捉えがちですが、実は聞き上手な人がコミュニケーションが出来る人です。実際、話し上手と思われている人というのは、実際は聞き上手な人です。

     

    聞くのが下手で、話すのが得意という人は、周囲からたいていウザい人と思われて、たいてい評価は低いです。(笑)

     

    コミュニケーションが苦手な人ほど、最初に勉強しておくべきことが『聞き上手』になることです。聞くことに焦点を当てた本もいっぱいあるので探してみてください。

     

    でも、コミュニケーションも最終的には経験がモノを言うスキルなので、話す機会(聞く機会)を積極的に持つことです。友達や家族相手で十分なので、意識的にコミュニケーションを図るようにしてください。

    アパレル業界の求人に強い転職支援会社ベスト3

    アパレル業界の求人に強い転職エージェントをリストアップしています。今では、様々エージェントがアパレル関係の求人案件を保有していますが、そのなかでも保有求人数が多いエージェントを3社選んでいます。

     

    • クリ-デンス

      クリ-デンス

      国内最大の保有求人数を誇るアパレル業界専門の転職エージェント。総合職、販売職、双方の求人案件を幅広く扱っています。東海や関西、九州を中心として、全国各地の案件を扱っています。

    • ファッショーネ

      ファッショーネ

      クリーデンスに次ぐ求人を保有するアパレル業界専門の転職エージェント。ファッショーネも総合職、販売職、双方の案件をカバーしています。ただし、ファッショーネは関東地方に特化しているエージェントなので、地方の人が利用するのは難しいです。

    • アパレル派遣なび

      アパレル派遣なび販売職専門の求人情報サイト。店舗スタッフの求人を探す時には、イチオシのサイトです。派遣社員の求人情報サイトですが、正社員登用を前提とした紹介予定派遣など、長期的に働ける仕事が多くなっています。

    このページの先頭へ