株式会社ワールドの中途採用事情~募集職種、年収、etc~

 

OZOC、UNTITLED、タケオキクチ、ハッシュアッシュ等、様々なブランドを展開するワールド。ここ数年は市場環境の変化から、売上不振が続いていますが、それでも業績は国内大手アパレルメーカーの中でも、有数の安定度を誇り、給与水準の高さもあって、安定した就職先として高い人気を得ています。

 

ワールドの中途採用事情

ワールドからは、販売職、総合職、それぞれの職種において、随時、中途採用の求人が出ています。総合職に関して募集がかかっているポジションは、営業、MD、デザイナー、経理、人事、総務等、多岐に渡ります。

 

求人はワールドの公式サイト上において、直接公開・募集されるケースと転職エージェント経由で募集がかかるケースの2パターンに分かれます。割合としては後者のほうが圧倒的に多くなっています。

 

公式サイト上において公開される求人は即戦力の人材を募集するケースが多く、経験豊富な人材でないと、採用される可能性は著しく低くなります。それでいて、雇用形態は正社員よりも契約社員が中心であり、数ヶ月間の試用期間における勤務評価で一定の評価を得ないと、正社員として採用してもらえません。

 

転職エージェント経由の求人だと、正社員採用、未経験者でも応募可といった、より好条件の求人が多いので、転職エージェント経由で仕事を探すほうが賢明です。

 

ワールドの年収、給与形態について

冒頭でも触れましたが、ワールドはアパレル業界のなかでは、給与水準が高く、同業他社と比較しても、年収が100~200万円ほど違ってきています。下記に、代表的な年収例をリストアップしておきますので、参考にしてください。

<ワールドの年収例>
25歳 販売員 年収300万円
25歳 MD 年収280万円
30歳 デザイナー 年収450万円
30歳 MD 年収520万円
30歳 生産管理 年収400万円
32歳 ブランドマネージャー 900万円
37歳 MDリーダー(課長) 年収1100万円
40歳 営業 年収700万円

 

給与は基本給と賞与、各種手当てから構成されています。基本給の割合が低いため、見た目の年収と比較すると、退職金は少なめとなります。(退職金は基本給をベースに算出されるためです。)賞与は会社の業績連動給となり、個人のパフォーマンスよりも、会社の業績によって社員全員一律で支給額が決まります。

 

基本給に関しては、職種に限らず、年齢、勤続年数によって決まる要素が強いため、あまり社員間で収入格差が発生しない給与体系となっています。中途採用に関しても、新卒同期と同水準となるので、新卒・中途の差もありません。

 

ただし、役職が付くと、基本給、賞与、ともに一気にアップするため、同年齢でも役職者とそうでない人間では、200~300万の差がつくことも珍しくありません。

 

なお、ワールドは住宅手当、家族手当など、各種手当てが厚い会社でしたが、ここ数年は業績が厳しいため、削られる傾向にあります。また、賞与も下がり続けています。

 

ただし、それを加味しても、アパレル業界内では、高い水準を維持しているので、安定性、給与という点では、申し分がない会社と言えます。

 

ワークライフバランスについて

部署や上司の価値観により、ある程度差はありますが、基本的に仕事とプライベートが両立出来る会社です。出来るだけ残業は押さえることが奨励されており、残業が多い部署に対しては、注意勧告が為されるようになっています。また、夜20時以降の残業は原則、禁止となっています。

 

週休2日も徹底されており、休日出勤が発生した時には、代休が必ず取得出来るように配慮されています。販売職でも、子供の学校の用事など、どうしても休まざるを得ない時には、事前に申告することで調整可能なので、自由度は高いです。

 

その反面、有休消化に会社が本腰を入れていないこともあり、有給の消化率は低く、取得数が年間で5日以下という社員も少なくありません。連休についても取りづらい状況のようです。

 

それでいて、時間単位の有給制度は社内に広く浸透しており、半休などを利用して、仕事の配分をうまくコントロールしている社員は多くなっています。有給が取りにくいということを除けば、プライベートの時間を確保しやすく、就労環境としては悪くない状況にあると言えます。

 

実際に働く社員の感覚としては、ワークライフバランスは優れていると感じている人が多くなっています。

 

ワールドは女性が働きやすい会社

ワールドは女性ブランドが主軸となっていることもあり、女性社員の比率が高く、そういった背景もあり、女性が働きやすい職場環境となっています。産休、育休を取りやすい体制が整っており、復帰を果たす社員も非常に多いです。

 

また、子供の病気など、急な欠勤にもサポートしあう雰囲気が整っており、子育てをしながら働く女性にとっては、やりやすい環境にあると言えます。

 

男性、女性で仕事に対する差別があるわけでもなく、同じように業務をこなしています。賃金形態に関しても、区別はありません。女性の管理職も多いです。ただし、それはマネージャークラス(課長クラス)までに限られており、部長以上となると、女性比率は極端に低くなるのが実情です。

 

そのほか、ワールドへの転職を考えている人が知っておくべきこと

給与水準、労働環境、社内の雰囲気等、あらゆる面においてワールドは秀でたものを持っている企業であり、アパレル業界のなかでは、最高水準に位置する存在と言えます。中途採用者に対する対応も良いので、転職先としては理想的です。

 

今現在(2016年)において、気になる点があるとすれば、ワールドの業績不振です。この数年間、売上が伸び悩む状態が続いており、賞与や手当のカットなど、社員に対する悪影響も出ています。

 

店舗閉鎖、ブランド廃止などのリストラを進めることで、2015年度は再び黒字計上となり、最悪期は脱しましたが、まだまだ厳しい状況が続くことが予想されるので、ここ数年で社内の体制が大きく変わる可能性もあります。

 

それに伴い、勤務体制や給与水準にも変化が生じる可能性もあるので、転職前に最新の動向を確認しておくことが重要です。この点については、アパレル企業の求人事情に強い転職エージェントに問い合わせるのがベストです。

 

ファッショーネクリーデンスといったエージェントであれば、ワールドの中途採用求人案件を常時取り扱っており、社内事情にも精通しているので、問い合わせ先としてオススメです。

 

なお、冒頭でも触れたように、ワールドへの転職を目指す時には、直接応募よりもエージェント経由のほうが好条件で採用されやすいので、ワールドへの転職の意思が固まったら、有効求人についても確認してみてください。