ヤマトインターナショナルの中途採用事情と年収について

 

エーグルやクロコダイルといった人気ファッションブランドを複数展開している国内有数のアパレルメーカー、ヤマトインターナショナル。新卒、中途を問わず、人材採用を積極的に展開している企業です。

 

給与などは、業界内のなかでも、決して恵まれているわけではないのですが、東証1部に上場している大手企業であることもあり、残業が少ない、有給が取りやすいなど、就労環境には恵まれています。

 

プライベートを重視したい、家庭と仕事を両立したいという人にとっては、給与の低さを加味しても、満足出来る要素が多い会社と言えます。このページでは、ヤマトインターナショナルの中途採用求人の内容や転職者の年収などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

中途採用の募集内容・選考プロセスについて

ヤマトインターナショナルの求人事情ですが、中途採用の場合、エーグルやクロコダイルといったショップにおける店舗スタッフ(ファッションアドバイザー)の募集案件がメインとなります。

 

アルバイトとしての採用案件ばかりですが、契約社員・正社員への登用制度もあるので、安定して働ける職場を探している人もチェックしてみてください。全国各地に点在するショップが勤務先候補となるので、勤務地については、本人の希望が受け入れられやすい状況です。

 

一方、総合職については、求人数が極めて限られたものとなります。営業・販促・企画・事務・デザイナーといった職種において、求人が発生することがありますが、不定期での募集となるので、こまめにチェックしていないと、見過ごす可能性が大です。

 

自分で探そうとすると大変なので、アパレル業界に強い転職エージェントに求職者登録(会員登録)をして、新規求人が発生した時に連絡してもらうようにしておくことをオススメします。

 


このページの最後に、幾つか代表的なエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

社員の年収・給与制度について

ヤマトインターナショナル社員の年収ですが、サンプル例をあげると、下記の通りとなります。職種によって差があるので、確認してみてください。

 

【販売職】

  • 20代 販売スタッフ 年収200万円
  • 30代 店長 年収260万円
  • 30代 店長 年収330万円
  • 50代 販売スタッフ 年収250万円

【総合職】

  • 20代 商品企画 年収400万円
  • 30代 デザイナー 年収350万円
  • 30代 人事 年収480万円
  • 40代 事務 年収200万円

 

冒頭でも触れましたが、ヤマトインターナショナルの給与は、アパレル業界のなかでも低めです。年齢や勤続年数、勤務評価に合わせて昇給することもありますが、昇給額は低めなので、ある程度の管理職にならないと、まとまった収入にはならないのが実情です。

 

一般職の社員のなかには、生活が苦しいため、退職する従業員もいます。特に、販売職に関しては、同業他社に比べて給与が少ない傾向にあります。非正社員の割合が高いこともあり、店長などに昇進している社員でも、同業他社より給与水準が低めと感じている人が多くなっています。

 

なお、総合職では、前職でのポジションなどにもよりますが、正社員の割合が高いこともあり、販売職より高い収入を得ることが可能となっています。ただし、それでも、上記の例で見るとおり、全体的に低めなので、高所得を狙っている人には、あまりオススメ出来ません。

 

日系のアパレル企業でも、高収入を狙える会社が存在するので、そういった会社への転職も検討してみるほうが賢明です。(このあたりの転職先選びについては、転職エージェントに相談すれば、客観的な視点でアドバイスを受けることが可能です。)

 

ヤマトインターナショナルの人事評価・昇給制度について

人事評価については、明確な判断基準が無く、実績を上げたとしても、必ず評価されるわけではありません。また、年功序列の傾向が強く、実績をそれほど上げなくても、ほぼ一定額で昇給していくため、モチベーション維持が難しい環境です。

 

特に、優秀な人材は、実績に見合った評価がされないことが多いので、辞めていく従業員の割合が高くなっています。

 

販売職だと入社時はアルバイトや契約社員の雇用形態となっており、昇給額は低めです。高所得を目指すのであれば、正社員になるのが最短ルートとなります。

 

ただし、正社員への登用は決して簡単ではないので、実績を残したうえで、本社や上司に対して、的確にアピールすることが必須条件となります。

 

ヤマトインターナショナルのワークライフ・バランスについて

ヤマトインターナショナルは、有給消化を会社方針としており、有給取得については、希望が受け入れやすい状況です。また、残業も基本的にないので、仕事とプライベートを両立させやすく、ワーフライフ・バランスは良好と言えます。

 

ただし、一部の店舗や部署によっては、慢性的な人手不足に陥っているところもあり、休むと仕事が回らなくなるため、物理的に休暇を取得することが厳しい状況となっているので、要注意です。

 

こういった例外はありますが、基本的には、ワークライフ・バランスはしっかりしているので、プライベートを重視する人にとっては悪くない会社と言えます。

 

女性の働きやすさ

ヤマトインターナショナルは、前述したように残業が少なく、有給などの休みも取りやすい環境に加えて、産休・育休などの制度も整っているので、離職率も低く、女性にとって働きやすい企業です。また、産休や育休後に職場復帰する人も多いので、安心して休みを取ることができます。

 

ただし、管理職の大半が男性となっており、女性が上に立ってバリバリ働くといった職場ではないので、キャリアアップの意欲が強い女性にとっては、満足出来る環境ではないことを頭に入れておいてください。

 

アパレル業界に強い転職エージェント

このように、良い意味でも悪い意味でも、ヤマトインターナショナルは特徴がハッキリしている会社であり、仕事に対して求めるもの次第で、評価がガラッと変わってきます。そのため、退職する人も多い反面、子育て中の女性スタッフ等、勤務年数が長い社員もいる面白い会社です。

 

転職先として考えた場合、自分にとって、満足出来る会社なのかどうか、事前に入念に確認することが重要となってきますが、社内事情については、外部の人間が知るのは難しいのが正直なところです。

 

そこで、アパレル企業の実情に精通している転職エージェントに相談してみることをオススメします。下記のエージェントであれば、支援実績が豊富なので、相談先として安心です。

 

ただし、エージェントごとに、企業評価が異なることがあるので、出来れば複数のエージェントから話を聞いて、多角的に情報を集めるのが、より確実です。