セリーヌジャパンの中途採用事情~年収、ワークライフ・バランスなど~

画像出典:khunfon fon

 

LVMHグループに属するフランス発祥のファッションブランドであるセリーヌジャパンは、日本で30店舗以上のショップを運営しており、販売職の中途採用案件が常時発生しています。(総合職については、求人数自体が、かなり少なめとなります。)

 

このページでは、セリーヌジャパンの中途採用求人の内容や転職者の年収などについてまとめていますので、参考にしてください。

 

中途採用の募集内容・選考プロセスについて

セリーヌジャパンの中途採用案件については、セールスアソシエイトと呼ばれる販売職の求人がメインとなります。即戦力として活躍出来る人材が求められているので、百貨店・セレクトショップ・インポートブランド等、ファッション関連商品の販売経験が必須条件となっています。

 

それに加えて店長などのマネジメント職の実務経験があると優遇されるケースが多くなっています。また、大都市圏のショップでは、外国人を相手にした接客が日常的に発生するため、英語や中国語に堪能な人のほうが、転職時に有利です。

 

雇用形態については、契約社員としての採用となるケースが大半ですが、正社員登用制度もあるので、正規雇用の仕事を狙っている人にもオススメです。また、これは難易度が高くなりますが、勤務評価次第では、販売職から総合職へのキャリアアップも可能です。

 

社員の年収・給与制度について

セリーヌジャパン社員の年収ですが、職種や部署によって異なります。下記に、年収事例をいくつかあげます。

【販売職】

  • 30代 セールスアソシエイト 年収400万円
  • 33歳 販売スタッフ 年収400万円
  • 29歳 サブマネージャー 年収450万円
  • 販売職 年収360万円
  • 35歳 店舗マネージャー 年収500~600万円

【総合職】

  • 35歳 営業 年収490万円
  • 20代 マーケティングアシスタント 年収600万円
  • 管理スペシャリスト 年収700万円
  • バックオフィス 年収500万円

 

セリーヌジャパンはインセンティブがもらえるため、人によって給与差が大きく、高年収の人も多数存在します。ただし、並大抵の努力では、インセンティブはそれほど大きな額にならないので、非常に高いパフォーマンスを持続しないと、高収入を狙うことは難しいです。

 

また、殆どの部署において昇給はないため、入社時に提示された給与が重要となります。なお、総合職に関しては、販売職に比べて給与水準が高く、年収700万円以上を狙うことも十分に可能です。

 

福利厚生は同業他社に比べて劣ると感じる社員が多くなっていますが、社員割引制度が用意されており、割引率が高いので、セリーヌ好きにとっては、恵まれた環境と言えます。

 

セリーヌジャパンの人事評価・昇給制度について

セリーヌジャパンの人事評価については、不透明な部分が多いと感じる社員の割合が高く、努力を認められにくい傾向にあります。中途採用者に関しては、入社時の評価がその後もずっと付いて回るので、セリーヌに転職する時には、採用時にしっかり自分をPRすることが重要です。

 

また、販売職だと、評価する上司が忙しすぎて、あいまいな査定しか行われないケースもあるので、売上などの数字でハッキリ分かる結果を出すのが、高評価を得るための絶対条件となります。そのため、売上などの数値目標を達成することに意欲を持てる人のほうが有利です。

 

ワークライフ・バランスについて

セリーヌジャパンは、会社自体が残業を嫌っていることもあり、決まった時間で退社出来るので、プライベートと仕事の両立がしやすい状況にあります。また、長期休暇や有給に関しても、マネージャーなどの上司次第ですが、取得しやすい環境となっています。

 

総合的に見て、ワークライフ・バランスが優れている企業と言えますが、繁忙期やアクシデント時においては、深夜まで仕事詰めというケースもあります。部署・店舗によっても、残業の過多が違ってくるので、ワークライフ・バランスを重視する人は、自分の配属先の状況について、事前にチェックしておくことをオススメします。

 

女性の働きやすさ

セリーヌジャパンは、女性社員が多く、女性管理職の比率も高いので、キャリアアップにおいて、女性差別はありません。むしろ、男性社員のほうが、コミュニケーションを取りにくいなど、昇進しにくい環境にあるようです。

 

産休・育休といった制度も取りやすく、時短勤務制度も存在するため、小さな子供を育てながら、仕事に取り組む社員も少なくありません。会社全体として、子育てに対する理解があるので、こういった意味でも、女性にとっては、働きやすい職場と言えます。

 

人間関係で退職するケースもありますが、同業他社と比較しても、職場の人間関係は良好と感じる社員が多い会社なので、ある程度のコミュニケーション能力があれば、ストレスを感じることなく、働き続けられるでしょう。定年退職まで働き続ける女性が多いことが、その証拠と言えます。

 

セリーヌに転職する時の注意点

このように、セリーヌはアパレル業界のなかでは、かなりの優良企業なので、転職先としてもオススメですが、実際に転職を目指すときには、注意すべきことが2つあります。

 

一つは、自分が配属されることが予想される職場の環境をチェックしておくこと、もう一つは入社時の条件交渉をしっかりと行い、最良の条件で転職することです。特に給与については、中途採用者にとっては、入社時が最も自分の希望を受け入れられてもらえるタイミングなので、妥協すると、後々、後悔することになります。

 

ただし、こういったことを自分一人で実行するのは大変なので、アパレル業界に強い転職エージェントからサポートを受けることをオススメします。下記のエージェントであれば、セリーヌへの転職支援実績も豊富なので、相談先として最適です。積極的に活用してください。