ブルーベル・ジャパンの中途採用事情

画像出典:Dalal Al-Dhobaib

 

香水・ファッション・バッグ・靴・化粧品などの輸入販売を行う外資系専門商社、ブルーベル・ジャパン。ブルガリ、グッチ、クロエといった海外の一流ブランドのアイテムを幅広く取り扱っており、店舗数は、100を超えています。

 

実力主義を採用している会社であり、能力があるスタッフに対しては、年齢に関係なく、高給与を与える企業です。会社が成長するためには、人材が最も重要という考えから、常時、優秀な社員を募集しており、中途採用についても、力を入れています。

 

このページでは、ブルーベル・ジャパンにおける中途採用求人の傾向、及び、社員年収、就労環境などについてまとめていますので、転職活動の際に、役立ててください。

 

ブルーベル・ジャパンの中途採用求人の傾向

香水販売などに従事するビューティーアドバイザーやシューズ販売などに携わるファッションアドバイザーといった販売職であれば、公式サイトにある採用情報ページ内において、有効求人の一覧が掲載されており、詳細について確認することが出来ます。
http://www.bluebellgroup.com/ja/recruit/

 

一方、営業・マーケティング・事務・管理・人事など、総合職については、転職エージェント経由で募集をかけることが多いため、公式サイト内では、求人が見つからなかったけど、エージェントに問い合わせたら、紹介してもらえたというケースが少なくありません。

 

そのため、公式サイトをチェックするよりも、エージェントに連絡を取ってみることをオススメします。このページの最後に、アパレル業界に強いエージェントを数社、リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

(エージェントは、販売職の求人も扱っているので、店舗スタッフの仕事を探す時にも、有効な情報源となります。)

 

なお、応募条件に関しては、即戦力となる人材が求められているため、販売職・総合職を問わず、該当業務に関する実務経験が必須となります。

 

ただし、販売職の場合、若干ですが、経験不問とする求人も出ています。ブルーベルは研修制度が充実している会社なので、経験が浅い人でも、安心して業務に取り組むことが出来ますし、その後も、効率的にスキルアップを図ることが可能です。

 

そういった意味では、未経験者がアパレルの仕事を始めるには、ブルーベル・ジャパンは、格好の職場と言えます。

 

ブルーベル・ジャパンの社員年収・昇給制度について

ブルーベル・ジャパンに勤務する社員の年収ですが、具体例を挙げると、下記の通りとなります。

 

【販売職】

  • 20代 販売スタッフ(非正社員) 年収200万円
  • 30代 販売スタッフ 年収300万円
  • 27歳 販売員 年収380万円
  • 30代 店長 年収400万円

 

【総合職】

  • 32歳 マーケティング 年収400万円
  • 40代 事務係長 年収500万円
  • 36歳 営業 年収800万円
  • 50代 人事部長 年収1000万円

 

給与は、基本給と賞与を合わせた額が、12分割で支給される年俸制となっています。また、業績によっては、決算賞与が別途付与される年もあります。

 

また、冒頭でも触れましたが、ブルーベルは実力主義の会社なので、インセンティブ給を支給しています。具体的な支給額は、個人の売上・実績といった数字、及び、個人目標の達成率などを加味して算出されるため、社員ごとの給与差が非常に大きくなっています。

 

また、基本給とポジションは、完全に連動しており、ポジションが上がれば上がるほど、昇給幅が大きくなります。(部長以上の役職に就けば、年収1000万円以上は、ほぼ確実です。)

 

その反面、同じポジションにいる限り、昇給額は少額にとどまるので、給与を上げたければ、昇進するしかないという会社です。

 

ちなみに、中途採用の場合、給与は、前職までの実績を反映する形で、決定するとされていますが、実際には、交渉の余地が大きく、同じような実力の人でも、交渉の結果次第で、全く異なる年収が提示されることになります。

 

そのため、中途半端に妥協するようなことはせず、納得出来るまで、会社側と話し合うようにしてください。こういった交渉が苦手という人は、自分で何とかしようとはせず、転職エージェントに代行してもらうことをオススメします。

 

彼らはプロなので、うまく話を進めてくれます。もちろん、それでも100%の成功が約束されているわけではありませんが、一個人が自分で交渉するよりは、うまくいく可能性が高いので、ぜひサポートを受けてみてください。

 

ブルーベル・ジャパンの評価制度について

前述したように、成果主義を採用している会社なので、結果を出すことができれば、極めて短い期間で、役職に就くことが可能です。30歳前後で、課長・部長と昇進している人も、少なからず存在します。

 

ただし、査定役である上司の意向が強いため、上司との関係性次第では、いくら結果を出しても、評価が良くならないというケースもあります。

 

そのため、ブルーベルでキャリアアップを目指すのであれば、仕事で実績を残すだけでなく、上司との人間関係を良好に保つことにも、意識を向けるようにしてください。

 

また、部署の業績が悪いと、個人目標を達成したとしても、人事評価が低くなり、昇給や昇進に響くことになるので、チームとして結果を残すことにも配慮する必要があります。

 

(こういった意識を持つことで、リーダーシップが磨かれるので、結果的に、管理職として必要なスキルを身につけることになります。)

 

同時に、配属先次第で、キャリアアップのしやすさが変わるのが実情なので、業績の良い部署への異動を模索するなど、社内での立ち回りを考えることも、キャリアアップを図るうえでは、重要な要素になってくると、考えておいたほうがいいです。

 

教育制度・成長環境について

ブルーベルは、社員教育に力を入れており、各種研修、勉強会など、スキルアップのための様々な機会を用意しています。ただし、参加は本人の意志に任されているので、自分から積極的に利用する意識を持たないと、せっかくのチャンスが活かせないということになります。

 

また、ブルーベルは、成長意欲が高い人間に対して、チャンスを与える会社であり、仕事が回るように、バックアップもしてくれるので、新しいことにチャレンジしやすい環境です。実力が認められれば、海外で仕事をする機会も得られます。

 

ワークライフバランスについて

ブルーベル・ジャパンは、それほど残業・休日出勤が多くなく、有給休暇についても、取りやすい会社なので、ワークライフバランスに関しては、まず問題なしと考えて大丈夫です。計画的に業務をこなしておけば、長期休暇を取ることも可能です。

 

休日に出勤している社員も存在しますが、強制的なものではなく、仕事を円滑にするため、もしくは、自身のキャリアアップのため、といった形で、自分のために率先して行っているというケースが大半を占めています。

 

(表向きは自発的と言いつつ、実は会社側が強制しているだけといったケースもありますが、ブルーベル・ジャパンについては、本当に社員が自らの意志で行っているので、休日出勤は嫌だという人は、無理にする必要は、全くなしです。)

 

なお、注意点として、人員体制、業務量の違いから、残業時間については、部署ごとの差が生じています。残業が多い部署も存在するので、気になる人は、自分が配属されることが想定される部署の状況について、事前に確認しておくことをオススメします。

 

また、ポジションが上がるごとに、仕事量が増える傾向にあるので、キャリアアップを目指すのであれば、ワークライフバランスの調整は難しくなることを、覚悟しておいたほうがいいです。

 

女性の働きやすさについて

ブルーベル・ジャパンは、女性社員の比率が高いこともあり、男女平等の会社です。仕事内容で男女差が生じることはないですし、キャリアアップの機会も開かれています。

 

ただし、ブルーベルで管理職に昇進した女性のなかには、違う業種の企業へ転職するケースが多くなっています。

 

これは、アパレル業界の給与水準が、他の業種よりも低いため、異業種へ転職することで、給与額が上がりやすいということもありますが、女性の活用に力を入れる会社が増え、管理職に就けるような有能な女性の価値が上がっているという背景もあります。

 

実力がある女性は、好条件で転職しやすくなっており、そのため、ブルーベル・ジャパンの女性社員の離職率は、ポジションが上になるほど高くなるという状況になっています。

 

結果として、ブルーベルでは、女性管理職の数が少ないのですが、これは、女性だと昇進出来ないということではないので、補足しておきます。

 

子育て支援については、産休・育休、時短勤務制度が整備されており、利用する社員が多いです。その一方で、部署によっては、子供を持つ女性に対する配慮が足りないため、働きづらくなり、退職を選択する人も存在するのが事実なので、注意してください。

 

ブルーベル・ジャパンの転職先としての価値

ここまで、ブルーベル・ジャパンの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、実力主義の会社なので、自分次第で、高収入・キャリアを手にすることが可能です。そういった意味では、やり甲斐がある職場環境と言えます。

 

社員教育に力を入れているため、スキルアップを図りやすい環境でもあります。ワークライフバランスも良好な会社なので、転職先として、検討するだけの価値が十分にあります。

 

もちろん、誰にでも合う会社というのは存在しないので、人によっては合わないという判断になるかもしれません。このページでは、『良い会社』という判断をさせて頂いていますが、これが必ずしも正解ではないので、自分にとっては、どうなのか、じっくりと考えてみてください。

 

もし、自分一人で判断を下すのが難しいということであれば、転職エージェントに相談してみるのもアリです。彼らは転職のプロなので、客観的な視点でアドバイスしてくれます。

 

また、エージェントは様々な企業の求人情報を押さえているので、他社のことについて聞いてみるのもオススメです。ブルーベル・ジャパン以上に、自分に合う会社が存在するかもしれないので、ぜひ一度、話をしてみてください。

 

(転職先に希望する条件を伝えれば、それらの条件に合う求人を探してくれます。)

 

下記のエージェントは、アパレル業界専門であり、ブルーベル・ジャパンの中途採用求人の取扱実績もあるので、相談先として最適です。

 

<アパレル業界専門の転職エージェント>