ナルミヤ・インターナショナルの中途採用事情

 

1995年の設立以来、メゾピアノ、クレードスコープ、プティマインなど、様々なキッズブランドを展開するナルミヤ・インターナショナル。新生児から、小学生までの買い換え需要が旺盛な世代をターゲットにしたブランド展開がヒット、一躍人気ブランドに上り詰めました。

 

SPEEDやモーニング娘といった人気タレントの起用、モデルオーディションやグランプリの定期開催といったPR戦略を駆使して、小さな子供にとっては、憧れの存在になったことも、その要因となっています。

 

少子化に伴い業績が下降するも、社長交代を皮切りに、V字回復を成し遂げ、主力ブランドのみならず、時代のニーズに合わせたリーズナブルな商品作りにも尽力しています。

 

外資系ブランドライセンスを取得したり、海外市場においても積極的に事業を展開したりするなど、新しい試みに、次から次へと挑戦して、成功をおさめているチャレンジ精神旺盛な企業でもあり、今後も、ますます成長することが確実視されている、優良企業です。

 

こういった背景から、人材採用にも積極的であり、新卒・中途、ともに多数の募集がかかっています。このページでは、ナルミヤ・インターナショナルの中途採用求人の傾向、及び、社員の年収、就労環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

ナルミヤ・インターナショナルの中途採用の求人傾向

ナルミヤ・インターナショナルは、新卒、中途、ともに活用していますが、中途に関しては、「店長候補社員」「本社スタッフ」の2系統に分けて、募集をかけています。前者は販売職、後者は総合職ということになりますが、基本的には前者がメインとなります。

 

後者に関しては、デザイナー、パタンナー、MD、バイヤー、営業、商品企画、広報、品質管理、人事、経理財務、法務、経営企画など、様々な職種が対象とはなりますが、募集頻度が少ないうえ、仮に募集がかかったとしても、1職種あたり、1~2名なので、かなり狭き門となります。

 

ナルミヤ・インターナショナルは、中途採用に関しては、即戦力の人材を確保することを、採用目的としているため、どの職種に関しても、該当業務に関する実務経験を有することを、必須応募条件としています。(最低でも3~5年程度の経験年数が、求められると考えてください。)

 

一方、販売職に関しては、実務経験に加えて、顧客と直接対面する仕事であることから、人間性がかなり重視されており、面接の時に、厳しくチェックされると考えてください。

 

他社であれば合格するような人でも、ナルミヤでは不採用となることが珍しくないので、ほかのブランドで、優秀な実績を残しているような人でないと、ナルミヤの面接をパスするのは難しいでしょう。

 

求人情報の入手方法ですが、公式サイト内に、キャリア情報ページが開設されており、新規求人が発生した時は、そちらのページに募集要項が記載されるので、こまめにチェックするようにしてください。
http://hitomgr.jp/dsaiyo/f2um/pc_job/list/all/all/all?sk=%e5%ba%97%e9%95%b7%e5%80%99%e8%a3%9c
http://hitomgr.jp/dsaiyo/f2um/pc_job/list/narumiya1/all/all

 

希望職種に関する求人がない時には、上記のページから、希望条件を登録すればスカウトメールを受け取ることが出来る制度もあるので、ぜひ活用してください。

 

また、ナルミヤは、転職エージェント経由でも、募集をかける時があり、特に総合職の場合、転職エージェントに対して、そのエージェントに登録している人のなかから、優秀な人材を紹介してもらうといったこともしているので、こちらにも登録しておくことをオススメします。

 

このページの最後に、ナルミヤ・インターナショナルが利用することが多い、転職エージェントを数社リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ナルミヤ・インターナショナルにおける、社員の年収・給与制度について

ナルミヤ・インターナショナルに勤務している社員の年収ですが、幾つか具体的な事例を挙げると、以下のようになります。

 

  • 販売職 26歳 年収270万円
  • 店長 30歳 年収280万円
  • 店長代理 27歳 年収260~280万円
  • 営業職マネージャー 31歳 年収370万円
  • 子ども服事業部 商品企画 ・デザイン 年収350万円
  • 人事 30歳 年収400万円

 

基本給に加えて、年2回の賞与が支給されるといった給与体系となっています。賞与は、個人考課と業績評価(販売職の場合には、店舗売上額)から支給額が決まる仕組みとなっていますが、賞与の総額は1ヶ月分にも満たない微々たるものとなっています。

 

基本給・賞与ともに、業界内の水準を下回るものとなっており、給与に満足している社員は極めて少ないです。

 

残業代が全額支給されるため、ある程度の年収は確保出来ているというのが、実情です。ただし、ナルミヤは、マネージャークラス以上になれば、年収が一気に上がる会社なので、そこをモチベーションにしているという社員が多いです。

 

福利厚生に関しては、各種保険・年金と社内割引制度のほか、財形貯蓄制度、家族手当、定年再雇用制度があり、それなりに充実していますが、給与の低さをカバーするまでにはなっていないので、総合的に考えると、ナルミヤの待遇は、あまりよろしくないというのが結論です。

 

ナルミヤ・インターナショナルの人事評価・昇給制度

ナルミヤ・インターナショナルでは、年2回、人事評価が行われています。自己評価に加えて、所属長から評価を受けることになり、その結果を踏まえて、賞与額、昇給額が決まる仕組みとなっています。なお、営業職に関しては営業成績、販売スタッフに関しては、店舗の売上も重要な評価要素となってきます。

 

ただし、業績連動が主体であることに加え、最終的に上司が査定するため、評価が曖昧で、実績が給与に直結することは殆どなく、仮に業績が良くても、報奨金はごくわずかにとどまっています。

 

昇給についても同様であり、額としては、極めて少額となります。年功序列型の要素も強く、能力や経歴よりも、年齢の高さで給与が決まるケースも見受けられます。

 

僅かではありながらも、毎年一定額の賞与を貰いつつ、給与も上がることから、収入の安定性を最優先する人にとっては、それなりに満足出来る環境ですが、自分の実力で勝負したいという人にとっては、何かと不満を感じることが多いでしょう。

 

(ただし、この後、触れますが、昇進に対しては、ナルミヤは実力主義の会社なので、自分の力で、幾らでもキャリアアップしていくことが出来ます。上級職に上がれば、給与も大幅にアップするので、意欲の高い人だと、そこまでを視野に入れているケースが多いです。)

 

ナルミヤ・インターナショナルにおける成長環境について

ナルミヤ・インターナショナルでは、研修や教育制度には力を入れておらず、スキルアップは社員の自主性に委ねられています。(新卒の販売職については、定期研修が行われていますが、中途採用の場合、ゼロです。)

 

それに伴い、独学で必要なことを調べられるリサーチ力、及び、業務を通じて学びを得ることが出来る学習能力が必須となります。

 

なお、ナルミヤは、1人当たりの業務量が多く、多忙な会社なので、仕事を効率よく処理することが強いられることになり、業務マネジメントのスキルが嫌でも身に付く環境です。

 

結果論ではありますが、これは、ビジネスマンとしては、大きな武器となるので、そういった意味では、ナルミヤは、どんな会社・仕事においても、必要なスキルを身につけることが出来る会社とは言えます。

 

自ら積極的に取り組む社員には、チャンスを与える会社でもあり、そこで実績を挙げることで、さらに大きなチャンスをもらうことが出来ますし、そのサイクルを回していけば、上級職に昇進することが出来るので、キャリアアップのチャンスは開けている会社です。

 

自分を成長させるためのサポートを会社から受けたいと考えている人にとっては、ナルミヤは不向きな会社ですが、実力主義の人にとっては、面白みを感じる環境と言えるでしょう。

 

ワ―クライフバランスについて

ナルミヤ・インターナショナルは、総合職と販売職で、ワークライフバランスに差がある会社です。総合職については、どの部署においても、業務量に人員が追いついておらず、業務量が多いため、ワークライフバランスについては、あまり期待出来ません。

 

有給の消化率は低いですし、残業時間は多めです。また、営業職だと、イベントが多く、土日出勤が常態化しており、代休を取得しても顧客との電話対応などで、仕事に追われるケースが多い状況です。

 

一方、販売職については、総合職よりも恵まれた状況にあります。完全シフト性で、毎月固定休があるほか、閑散期の夏季・冬季休暇、及びバースデー休暇があり、残業においても削減に会社側が勤めているので、プライベートの調整はしやすいようです。

 

サービス業なので、土日に休むことは不可能ですし、2日続けて休めることも、あまりないのですが、定期的に、まとまった休暇を取得することが出来るので、それほど悪くはない状況と言えます。

 

女性の働きやすさについて

ナルミヤ・インターナショナルは女性比率が高いうえ、女性のセンスが強みとなる業態であることもあり、女性スタッフの意向が反映しやすく、意欲と実力があれば、評価される社風です。管理職に就いている女性も多く、キャリア志向が強い女性にとっては、満足度の高い会社と言えます。

 

ただし、女性が多い会社にとっては、よくあることですが、女性特有の人間関係が存在するため、こういったことが苦手という人にとっては、ナルミヤ・インターナショナルは、働きづらい面もあると思います。

 

一方、産休・育休については、制度自体は完備されており、取得することにも差支えはありませんが、限られた人数で、仕事を回している会社なので、復帰後には、子供がいるからといって、仕事量を減らしてもらえるといった配慮を受けることは出来ません。

 

仕事と家庭を両立することは難しく、結婚・出産を機に退職する社員は多いです。特に営業職においては、その傾向が顕著となっています。

 

会社として、この状況を問題視しており、改善のために動いているため、少しずつ、職場復帰している女性が増えてきていますが、まだまだの状況なので、子育てに時間を割かざるを得ない状況にある人は、注意してください。(最新の動向について、確認しておくことをオススメします。)

 

ナルミヤ・インターナショナルの転職先としての価値

ここまで、ナルミヤ・インターナショナルの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、日本を代表する人気ブランドを擁する企業としては、決して社員が働く環境は良好とは言えず、ここはギャップがある状況です。

 

管理職に昇進することが出来れば、給与額など、待遇面が劇的に良くなるので、そこを目指して、敢えて、今は我慢するという考え方もありますし、ナルミヤは昇進に関しては、実力主義なので、自分の力で道を開くことが出来るという意味では、キャリア志向が強い人にとっては、面白い環境かもしれません。

 

ただし、それは簡単なことではなく、努力を要することなので、それを楽しめるような人でないと、厳しいでしょう。また、あまり出世などには興味はなく、自分のペースで楽しく働きたいという人にとっては、どれだけ満足出来るか、微妙なところです。

 

その反面、ナルミヤの商品はセンスが良くて、カワイイものが多いので、洋服(子供服)が好きという人にとっては、日頃から、ナルミヤブランドの商品と接することが出来るというだけで、満足がいくこともあるかと思います。

 

結局は、自分が会社に何を求めているのかということに尽きるので、自分との価値観と照らし合わせながら、ナルミヤへの転職を目指すかどうか、決断するようにしてください。

 

下記に、アパレル業界専門の転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らは、ナルミヤの社内事情に精通しているので、転職の判断について迷うようであれば、相談するのもアリです。親身になってアドバイスしてくれます。

 

また、エージェントは、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人について尋ねてみるのもオススメです。ナルミヤ以上に自分に合う職場が見つかるかもしれません。

 

転職先に希望する要件等を伝えれば、それらの条件に合う求人を探してくれるので、興味がある人は、ナルミヤのことと合わせて、調べてもらってみてください。

 

<アパレル業界に強い転職会社>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。