パルの中途採用事情

 

チャオパニック、ラシット、ミスティックなど、10~20代向けのブランドを30以上展開するアパレルメーカー、パル。1973年に設立された老舗メーカーですが、ここ10年間ほどで急成長、2017年現在においては、全国各地に800以上の店舗を構えるまでになっています。

 

元々は、若者向けの低価格商品を主軸としていましたが、最近では高価格帯ブランドを立ち上げたり、雑貨の企画製造・販売事業にも乗り出したりするなど、新規事業を積極的に展開している、元気な会社です。(停滞感が強いアパレル業界においては、エネルギッシュさが引き立ちます。)

 

そのため、パルは優秀な人材の獲得に力をいれており、中途採用に関しても、総合職、販売職、いずれにおいても、募集がかかっている状況です。

 

このページでは、パルにおける中途採用求人の傾向、及び、社員年収、就労環境などについてまとめていますので、転職活動の際に、役立ててください。

 

パルの中途採用求人の傾向

公式サイト内にあるリクルートページに採用情報が掲載されており、新卒・中途を問わず、総合職・販売職の求人が、多数発生しています。
http://www.palgroup.co.jp/recruit/

 

中途採用については、デザイナー、ディストリビューター、VMD、プレス、生産管理、経理などの本部スタッフを募集する求人、及び、接客販売業務に従事する店舗スタッフを募集する求人に分かれる形で、募集がかかっています。

 

応募資格としては、どの職種に関しても、実務経験が必要となると考えてください。(販売職の場合、未経験でも応募出来る会社が多いのですが、パルの場合、総合職同様に、実務経験が必須となります。)

 

雇用形態に関しては、契約社員としての採用となるケースが一般的ですが、パルは正社員登用制度を設けており、年に2回(2、8月)、チャンスがあるので、正社員として働ける会社を探している人にとっても、パルは十分選択肢になりえます。

 

また、勤務実績次第では、販売職から総合職への転職が出来るので、キャリアの選択肢は豊富です。

 

ちなみに、どの職種においても、優秀な勤務実績を残している人であれば、いきなり正社員として採用される可能性があります。

 

パルの社員年収・昇給制度について

パルに勤務する社員の年収ですが、下記に幾つか、具体的な年収事例を挙げるので、参考にしてください。

 

【販売職】

  • 20代 販売員 年収     180万円
  • 23歳 ショップスタッフ 年収250万円
  • 29歳 販売スタッフ 年収320万円
  • 31歳 店長 年収370万円
  • 35歳 店長 年収480万円

 

【総合職】

  • 36歳 MD 年収360万円
  • 30歳 営業 年収650万円
  • 37歳 営業 課長 年収900万円
  • 32歳 デザイナー 年収450万円
  • 28歳 バイヤー 年収350万円
  • 34歳 商品企画 年収350万円
  • 38歳 商品企画 年収600万円
  • 40歳 商品企画 課長 年収800万円

 

パルは、基本給に年2回(6、12月)の賞与が支給される給与体系となっています。所属ブランドの業績によって、給与額に多少の違いが出てきますが、アパレル業界内のなかでは、高めの給与設定になっています。

 

毎年1回、給与の見直しがかかり、小額ではありますが、全員一律で昇給するのが基本です。また、管理職にポジションが上がると、大幅に基本給がアップします。

 

課長クラスで年収800~1000万、部長クラスだと、年収1500万円を超える人もいるので、キャリア志向が強い人にとっては、やり甲斐がある会社と言えます。

 

一方、注意点としては、ブランドごとに給与が変わってくるので、業績の悪いブランドでは、いくら頑張っても、給与に反映されにくいため、そこに不満を感じて退職する社員も存在します。

 

そのため、パルへの転職を検討する際には、ブランドに注意してください。(応募する時に、希望ブランドを指定することが出来ます。)

 

なお、ブランドごとの業績については、人気度合いなどで推測することが出来ますが、本当のところは、外部からは分からないものです。(収益性やコストパフォーマンスというものは、外から見ているものと、違っていることが多いです。)

 

そのため、実情について正確なところを把握したいということであれば、アパレルに強い転職会社に問い合わせることを、オススメします。

 

パルは中途採用に関しては、転職会社経由でも募集をかけていますが、パルの求人を扱っている転職会社であれば、社内事情に精通しており、内部情報についても教えてもらえるので、情報源として頼りになります。

 

また、中途採用で入社する場合、面接時の交渉で、給与額が大きく変わることが多いのですが、一個人が自分で交渉すると、なかなかうまくいきません。

 

転職会社であれば、交渉に慣れており、うまく話を進めてくれるので、条件交渉を代行してもらうという意味でも、役立つ存在です。いわゆる『良い転職』につながることが多いので、うまく活用してください。

 

このページの最後に、代表的な転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

※補足
パルでは、残業代が、全額が支給されることはなく、サービス残業となるケースが多いです。それを考慮しても、給与水準は他メーカーよりも良いとは言えますし、残業自体が減っているので、状況は改善していますが、こういったことがあるということは、頭に入れておいたほうがいいです。

 

パルの評価制度について

パルでは、年に2回、直属の上司から査定を受けることになります。細かな人事評価マニュアルが用意されており、その基準に沿って、結果を出せば、正当に評価される、透明性が高い評価制度となっています。

 

努力すれば、それに見合うだけの評価が得られるので、バリバリ働きたい人に、向いている会社です。

 

入社から、それほど時間が経っていなくても、自分からアイデア・企画を出すことが出来ますし、その内容が良ければ、すぐに採用されます。入社後、間もない段階で、新ブランドに対する企画を出して、採用されたという事例もあるなど、新しいことにチャレンジしやすい環境となっています。

 

教育制度・成長環境について

パルは、人材育成に力を入れている会社なので、スキルや知識を得る機会は多いです。キャリア別に社内研修や勉強会が用意されているうえ、外部機関が行う講習を受講することも可能です。(受講料を負担してもらえます。)

 

また、PDCAサイクルが確立されていて、常に業務改善が為されている会社なので、毎日の仕事を通じても、自然にスキルがアップするような環境となっています。

 

さらに、総合職に関しては、職種を超えて、複数の業務を担当するケースが多々あるので、多種多彩な経験を積むことが出来ます。

 

ワークライフバランスについて

パルは、ワークライフバランスについては、決して良好とは言えない企業です。全体的に仕事量が多く、深夜残業や休日出勤が当たり前という職場も多数存在します。

 

しかしながら、人材確保の観点から、パルは社員の定着率を高めるために、職場環境の改善に関する取り組みを強化しており、少しずつですが、残業・休日出勤が減少しています。

 

また、有給に関しても、以前は取得するのが難しかったのですが、年々、休みを申請しやすくなっています。まとめて取得して長期休暇を取るといったことは、まだ厳しいのですが、1~2日といった単位であれば、希望通りに取得出来るようになってきています。

 

女性の働きやすさについて

パルは、女性が多い会社ということもあり、任される仕事・業務内容に関して男女差はありません。キャリアアップについても、男女差別はなく、女性管理職が多数働いています。

 

子育て支援体制についても、しっかり整備しており、産休・育休を誰でも簡単に取得することが出来ますし、復帰後には時短勤務が可能なので、育児をしながら、働き続けている人が多いです。

 

ただし、前述したように、パルは仕事量が多い会社なので、復帰はしたものの、体力的に厳しくなって、退職するというケースもあります。ここは部署によっても、事情が異なるので、気になる人は、自分が配属されることが想定される職場の状況について、確認しておいたほうがいいです。

 

パルの転職先としての価値

ここまで、パルの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、実績や売上といった数字で評価を下す実力主義の会社なので、自分の力で勝負してみたいという人にとっては、高いモチベーションを持って働ける職場です。

 

一方、業務量が多いため、仕事が最優先の毎日となってくるので、家族との時間・自分のプライベートの時間を大切にしたいといった考えを持っている人にとっては、不満が募りやすい環境だと思います。

 

こう考えると、パルの転職先としての価値は、人によって大きく変わってくるので、自分に合う会社なのかどうかということを冷静に見極めたうえで、転職の判断を下すようにしてください。

 

下記に、パルの中途採用求人を扱っている、アパレル専門の転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情を把握しているので、このあたりの判断に迷うということであれば、相談してみることをオススメします。

 

客観的な視点でアドバイスしてくれるので、参考になります。また、彼らは様々な企業の求人情報を押さえているので、興味がある人は、他社の求人について聞いてみてください。(パル以上に魅力的な会社を紹介してもらえるかもしれないです。)

 

<アパレル業界に強い転職会社>