チュチュアンナの中途採用事情

 

女性向けの靴下・インナー・ウェア・服飾雑貨の企画から、卸・小売・通販までを手掛けるアパレルメーカー、チュチュアンナ。

 

国内に約250店舗、中国・台湾・香港を中心とする海外に、約280店舗の計540店舗のネットワークを構築していますが、この店舗比率からも分かるように、近年では、海外進出に力を入れており、今後も、その方針を維持することを表明しています。

 

国ごとに、消費者の嗜好・ニーズが異なるため、現地企画商品の開発に積極的に取り組んでおり、そういった意味では、クリエティブな雰囲気がある会社です。

 

(ちなみに、国内市場向けにおいても、『着るブラ』、『すっぴん谷間メイク』など、インナーを中心に、独自企画のヒット商品を、生み出しています。)

 

転職先として見た場合には、チュチュアンナは年齢や就労年数を問わず、実力がある社員、意欲が高い社員に対して、責任ある仕事を任せる会社であり、入社から2~3年で、店長、商品企画のプロジェクトマネージャーといった管理職に就いたという事例も多いです。

 

一生懸命働きたいと考えている人にとっては、やり甲斐がある会社なので、ぜひ、転職先候補として真剣に検討してみてください。

 

チュチュアンナの中途採用求人の傾向

中途採用に関しては、販売職を中心に募集がかかっています。総合職だと、パタンナー、デザイナー、経理、商品企画、MDといった職種を対象に、求人が出てくることがありますが、常時見つかるわけではないので、求人情報を、こまめに確認することをオススメします。

 

雇用形態については、アルバイトから正社員まで、様々な求人が発生しているので、ポジションの幅が広くなっています。

 

なお、販売職の場合、アルバイトの募集案件が多くなっていますが、未経験者でも応募可能な求人が大半を占めるうえ、チュチュアンナには、正社員登用制度があるので、真面目に仕事に取り組むことで、正社員に昇格出来る機会が得られます。

 

経験が乏しい人にとっては、無理なく、正規雇用の仕事を目指せるので、そういった意味では、オススメの職場です。

 

一方、総合職の応募条件に関しては、基本的には、実務経験が必要となりますが、求人によって、求められるスキルに違いがあるので、このあたりの詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

(なお、海外業務に関する求人の場合、英語や中国語など、語学スキルが必須要件に入ってくるケースが多いです。)

 

求人情報の入手方法

チュチュアンナの公式サイト内の採用情報ページに、新卒、中途別に、募集がかかっている求人の一覧が掲載されているので、そちらから求人情報を入手することが出来ます。
http://www.tutuanna.co.jp/recruit/index.html

 

中途採用については、販売職・総合職、どちらの求人も記載されていますが、転職会社経由でも募集をかけているので、そちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

公式サイト、転職会社、どちらでも、入手出来る情報に違いはありませんが、転職会社の場合、様々な企業の求人案件を扱っており、チュチュアンナ以外の求人のことについても知りたいという時には、まとめて教えてもらえるので、便利です。

 

チュチュアンナの給与制度、社員年収について

チュチュアンナに勤務する社員の給与水準ですが、職種別に幾つか年収事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 店長 25歳 年収330万円
  • 店長 26歳 年収280万円
  • 店長 27歳 年収280万円
  • 店長 28歳 年収350万円
  • 営業 30歳 年収480万円
  • 営業 35歳 年収550万円
  • マーケティング・企画 24歳 年収260万円
  • 物流管理 24歳 年収320万円
  • 経理 24歳 年収300万円

 

チュチュアンナの給与体系は、基本給に加えて、年2回の賞与が支給されるという、スタンダードなものとなっており、会社の業績次第ではありますが、決算賞与が出ることもあります。

 

賞与については、会社の業績や個人の実績、売上によって、支給額が変わりますが、基本的には、月収1ヶ月分程度の金額となることが多く、場合によっては、それよりも少ないケースもあるので、過度な期待は出来ません。

 

そのため、チュチュアンナの給与水準は、部署や職種によっても違いがありますが、アパレル業界内で比較すると、少し低めの給与水準となっています。

 

ただし、チュチュアンナのスタッフは、同業種の企業に比べて、勤務時間が少なく、それも収入が低い一因となっているので、ワークライフバランスを加味すると、決して、悪い待遇とは言えないところです。(トータルで満足している社員も多いです。)

 

なお、残業代に関しては、実働分が全額支給されていますが、チュチュアンナは、残業削減に積極的に取り組んでいる会社であり、月間の残業時間が10時間未満という社員が、大半を占めるので、残業代で稼ぐというのは、難しいです。(残業ゼロという社員も、少なくありません。)

 

昇給については、毎年1回、4月に給与見直しの機会が用意されていますが、ポジションが変わらない限り、殆ど上がることはないですし、上がったとしても、少額にとどまります。そのため、収入を大きく上げるためには、管理職に就くのが、唯一の手段と考えてください。

 

冒頭でも触れたように、努力していれば、短期間で管理職ポジションに昇格出来る会社なので、収入を上げられる可能性は、十分にあります。

 

福利厚生については、社会保険が完備されているほか、退職金制度・自己啓発支援制度・借上社宅制度などが整っていますし、社員割引制度、ホテルやスポーツ施設などを会員価格で利用出来る福利厚生サービスも、用意されており、なかなか充実しています。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績をベースに、基本給が算出されることになりますが、ここは、交渉次第という要素が強いので、チュチュアンナから提示された金額に、納得がいかない時には、自分の希望額を伝えて、交渉するようにしてください。

 

先ほども触れたように、チュチュアンナは、管理職以上の役職に就かない限り、大きく給与が上がることはなく、入社時に設定された金額が、後々まで付いて回ることになるので、中途半端に妥協するのは、絶対に避けてください。

 

もし、こういった条件交渉の経験がなく、どう進めていいか分からないということであれば、転職会社に交渉を代行してもらうことも可能です。彼らはプロなので、この手の交渉事に慣れており、うまく話を進めてくれます。

 

実際に、条件アップに成功するケースもあるので、交渉が苦手という人は、自力で解決しようとするよりも、転職会社のサポートを受けたほうが賢明です。

 

チュチュアンナの評価制度について

チュチュアンナでは、年に1回、売上や実績、勤務態度などを加味して、直属の上司による査定が行われています。職種ごとに、細かく査定基準が定まっており、明確な評価方法と言えるので、結果に対して、不満を言う社員は少ないです。

 

なお、仕事のパフォーマスを数字で可視化することが難しい事務系の職種においては、仕事中の頑張りや、努力する姿勢といった勤務態度が重視されるので、真面目にコツコツ働く人のほうが、高い評価を受けやすいです。

 

また、先ほども述べましたが、直属の上司が査定者ということもあり、上司の意図を上手く汲み取れる人は、高評価を受けやすい傾向にあります。

 

そのため、キャリアアップに意欲的な人は、常日頃から、上司としっかりとコミュニケーションを取って、上司から期待される役割を把握しつつ、業務をこなすことを心がけてください。

 

教育制度・成長環境について

チュチュアンナは、社内教育制度が、しっかりと整備されている会社なので、基礎から応用まで、様々な研修プログラムが用意されており、スキルや知識に合わせて、受講することが可能です。希望すれば、月に数回程度、研修を受けることも出来ます。

 

そのうえ、ビジネスマナーやプレゼンテーションスキルなど、汎用的なビジネススキルを学ぶことも出来ますし、外部の通信教育を受講するための支援制度もあるので、その気になれば、スキルアップをはかりやすい環境と言えます。

 

また、チュチュアンナは、管理職の育成に力を入れており、役職に就いた社員を対象とした、マネジメント研修などが充実しているので、キャリア志向が強い人にも、オススメの会社です。(管理者として、必要な知識、スキルを効率良く習得出来ます。)

 

なお、現場においては、何かチャレンジしたいことがあれば、そのことを上司に伝えると、前向きに検討してもらえますし、新しいアイデアが浮かんだ時には、その内容をまとめて提案すれば、そのまま採用され、プロジェクトとして、始動することも珍しくありません。

 

その場合には、もちろん自分が主役となって、プロジェクトを推進することになりますし、それ以外でも、冒頭で触れたように、仕事に対する裁量について、大きなものを与えてもらえるので、強い意欲があれば、様々なことを経験して、大きく自分を成長させることが出来る会社です。

 

ワークライフバランスについて

チュチュアンナは、残業削減の取り組みに力を入れている会社なので、定時に退社出来る部署が多くなっていますし、残業をすることになったとしても、遅くても20時を過ぎることは、まずありません。

 

職場の雰囲気としても、自分の仕事が終わったので、先に帰ったとしても、周りのスタッフから文句を言われるようなことはないので、安心です。

 

有休に関しても、休みが取りやすい部署が殆どですし、会社として取得を勧めているので、気兼ねすることなく、申請出来ます。

 

元々、チュチュアンナは、公休が多い会社ですし、それに加えて、年に1回、リフレッシュ休暇(1週間程度)が取れるので、プライベートの時間をしっかりと確保出来ます。

 

就労環境が良い会社なので、ワークライフバランスを重視する人には、オススメです。(十分に満足出来る環境です。)

 

女性の働きやすさについて

チュチュアンナは、女性向けの商品を展開しているブランドということもあり、女性社員の割合が高い会社なので、仕事内容で男女差が生じることはないですし、昇進の機会についても、男女平等なので、キャリアアップを目指すことも可能です。

 

(むしろ、女性のほうが活躍しやすいと言えるぐらいの会社であり、実際、管理職に就いている女性は、非常に多いです。)

 

ちなみに、女性社員が多いということもあって、女性特有の体調不良にも、理解がある職場なので、急な休みを認めてもらえるなど、安心して働ける環境となっています。

 

産休・育休といった子育て支援制度もしっかりと整備されていて、実際に、取得している社員が多数存在しますし、復帰後には、時短勤務制度を利用することが出来るので、子育てと仕事の両立も可能です。

 

ちなみに、子育てを理由として、一度退職したとしても、子供が大きくなって、また働ける状況になった時には、職場に復職出来る制度が確立されているので、個々のライフスタイルに合わせて、働き方を選択することも出来ます。

 

チュチュアンナの転職先としての価値

チュチュアンナは、残業が殆どないうえ、公休が多く、有休を取得しやすいという、就労環境が極めて良好な会社なので、ワークライフバランスを大切する人にオススメです。

 

教育体制が整備されているので、自分の能力に合った教育が受けられる、子育て支援に力を入れているので、小さな子供がいる人でも働きやすいというのも、大きな魅力です。

 

その反面、給与については、それほど収入水準が高くないアパレル業界のなかでも、決して良いわけではありません。福利厚生が充実しているので、そこである程度、補てんされているとは言えますが、収入を重視する人だと、不満を感じても、おかしくありません。

 

ただ、給与の低さを考慮しても、総合的にみて、この会社を選ぶという人もいるので、チュチュアンナの転職先としての価値は、その人の考え方次第で、大きく変わってくるというのが、実情です。

 

そのため、自分が会社に何を重視するのか、自分の価値観と照らしあわせながら、チュチュアンナへの転職を目指すのかどうかを、冷静に判断するようにしてください。

 

下記に、チュチュアンナの求人案件を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、相談してみることをオススメします。プロの視点でアドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社のことについて、話を聞いてみるのもアリです。もしかしたら、チュチュアンナ以上に、魅力を感じる会社を紹介してもらえるかもしれないので、関心があるようであれば、遠慮無く問い合わせてみてください。

 

<チュチュアンナの中途採用求人を扱っている転職会社>

 

※補足
このなかで、『リクルートエージェント』、『マイナビエージェント』の2社については、総合系の転職会社なので、様々な業種の企業の求人案件を押さえています。もし、アパレル以外の業種の会社に興味があるようでしたら、この2社に相談してみてください。