レイ・カズンの中途採用事情

 

婦人服・雑貨の企画・製造から販売まで、全てを自社で一貫として手掛けているアパレルメーカー、レイ・カズン。

 

創業は1994年、ダブルネーム、ミューカなど、複数のブランドを展開していますが、2013年に、EC事業部を設立して、直営サイトのリニューアルや、ファッションモール型ECサイトへの新規出店を行うなど、ネット販売に注力してから、業績が急拡大。

 

以降、最高益の更新を続けるなど、好調を維持しています。2017年には、若手モデルとのコラボ企画を立ち上げるなど、新しい試みへのチャレンジを続けている、エネルギッシュなアパレルメーカーです。

 

求人状況については、好調な業績を反映して、レイ・カズンでは、人材採用の動きも活発化しています。社員規模が300名程度の会社ですが、2018年度には新卒で、30名を採用するなど、組織を拡大しています。

 

それに伴い、外部から経験豊富な優秀な人材を獲得する動きもあり、中途採用に関しても、常時、何らかの職種において、募集がかかっています。年々、待遇も良くなっているので、アパレル業界で転職先を探しているのであれば、候補の一つとしてオススメです。

 

このページでは、レイ・カズンの中途採用求人の傾向、及び、給与体系、就労環境についてまとめていますので、転職先選びの参考情報として、活用してください。

 

レイ・カズンの中途採用求人の傾向

中途採用については、販売職、総合職(卸営業、商品企画、生産管理、デザイナー、バイヤー、EC運営スタッフなど)のどちらにおいても、求人が発生しています。

 

雇用形態については、正社員採用となる求人が大半を占めますが、販売スタッフの求人だと、アルバイトとしての採用となる案件も出ています。

 

ただし、レイ・カズンには、正社員登用制度が用意されているので、アルバイトとして採用されたとしても、勤務実績次第で、正社員として再雇用されるチャンスがあります。

 

(本人の努力次第ではありますが、入社、半年程度で登用されるというケースも珍しくはなく、正社員になるのは、それほど難しくはないです。)

 

応募条件に関しては、アルバイト採用の場合、高卒以上であれば、誰でも応募可となっていますが、それ以外の求人においては、該当業務に関する実務経験が必須になると考えてください。

 

(ちなみに、総合職でも、卸営業など、一部の職種においては、一般的なPCスキルがあれば、応募出来るといった、条件の緩い求人が出ることもあります。)

 

求人情報の入手方法

レイ・カズンの公式サイト内にあるリクルートページに、現在、募集がかかっている求人の一覧が掲載されているので、そちらから求人情報を入手することが可能です。
https://www.raycassin.jp/recruit/

 

また、中途採用案件に関しては、民間の転職会社でも取り扱っているので、そちらに問い合わせることでも、求人情報を入手することが出来ます。

 

なお、公式サイト、転職会社、どちらでも、入手出来る情報に違いはありませんが、転職会社の場合、様々な企業の求人情報を保有しており、レイ・カズン以外の求人のことについても、教えてもらうことが可能です。興味がある人は、あわせて聞いてみるのも良いでしょう。

 

レイ・カズンの中途採用求人を扱う転職会社については、このページの最後に、代表的な会社をリストアップしておきますので、そちらで確認してください。

 

レイ・カズンの給与制度、社員年収について

レイ・カズンに勤務する社員の給与水準ですが、職種別に、年収事例をいくつか挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 販売 23歳 年収230万円
  • 販売 24歳 年収250万円
  • 販売 24歳 年収230万円
  • 販売 27歳 年収350万円
  • 販売 30歳 年収300万円
  • 店長 27歳 年収400万円
  • 店長 32歳 年収450万円
  • 生産企画 24歳 年収700万円
  • 生産企画 課長 38歳 年収750万円
  • 営業 24歳 年収340万円
  • 営業 26歳 年収590万円
  • 営業 課長 36歳 年収800万円

 

レイ・カズンの給与体系は、基本給に加えて、年2回(7月、12月)の賞与が支給されるというスタンダードなものとなっていますが、加えて、販売、営業といった職種については、売上などの実績に応じた、報奨金が支払われるようになっています。

 

賞与額に関しては、会社の業績や個人の成績によって決定されるため、若干の違いはありますが、基本給1ヶ月に満たないケースが大半ということもあり、アパレル業界内における、レイ・カズンの給与水準は、やや低めとなっています。

 

ただし、冒頭でも触れたように、ここ数年、急成長を遂げているため、社員の待遇が、かなり良くなっており、給与に関しても上昇傾向にあるので、レイ・カズンに興味があるようであれば、最新の状況について、確認しておくことをオススメします。

 

(もしかしたら、かなり魅力的な給与体系に変わっているかもしれないです。)

 

残業代については、みなし残業制度が導入されており、毎月、一定の手当が支給されることになりますが、レイ・カズンは、残業が少ない部署が殆どなので、結果的に、実働分よりも、手当のほうが多いという人の割合が、高くなっています。

 

実働時間が、みなし残業で設定された時間(月22時間)を超えた場合には、基本的に、超過分の全てが支給されることになるので、サービス残業の心配もなく、ここは、社員に有利なシステムと言えます。

 

昇給に関しては、毎年1回、4月に給与見直しの機会が用意されているのですが、上がらないことが多いですし、上がったとしても少額になることが多いです。

 

ただし、上記の年収例を見て頂ければ分かるように、管理職に就けば、給与が大幅に上がる会社でもあるので、そういった意味では、やり甲斐があります。

 

福利厚生については、社会保険が完備されているほか、社員割引制度(60%オフ)が設けられています。

 

また、販売スタッフに対しては、店頭で着用する洋服を、会社から貸し出してもらえる制度があるので、自腹で購入する必要はないです。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用の場合、前職までの経歴・実績をもとに、基本給が算出されることになりますが、ここは交渉次第という要素もあるので、レイ・カズンから提示された金額に納得がいかない時には、そのまま受け入れるのではなく、希望条件を伝えて、話し合うようにしてください。

 

前述しましたが、レイ・カズンは、ポジションが変わらない限り、給与が上がる可能性が低い会社です。

 

そのため、入社時に設定された給与額というのは、後々まで付いて回ることになり、ここで妥協すると、入社後、後悔することになりかねないので、しっかりと交渉することをオススメします。

 

こういった条件交渉の進め方が分からない、もしくは苦手という人は、前述した転職会社に交渉の代行を依頼してください。

 

彼らは、この手の交渉に長けており、うまく話を進めてくれますし、実際に条件アップに成功するケースが少なくないので、自分で強引に進めるよりも、最初から任せてしまったほうが賢明です。

 

レイ・カズンの評価制度について

レイ・カズンでは、MBO評価制度が導入されており、半期に一度、MBOシートを提出して、各社員が自己目標を設定、期末に、その目標の達成度合いをベースに、人事査定が行われています。

 

その評価内容で、昇進、昇給、報奨金などの支給額が決まることになりますが、目標ラインを大きく超えないと、現状維持となることが多いので、なかなか厳しいです。

 

その反面、レイ・カズンは、会社の利益となるような新しいアイデアを提案する、新規事業の立ち上げを申し出るなど、チャレンジ精神がある社員を、高く評価する企業なので、こういった行動を取ることで、昇進・昇給の確率を上げることが出来ます。

 

ただし、ただアイデアを出すだけではダメで、収益のシミュレーションを綿密に行って、数字を詰めたうえで提案する必要があります。いわば、事業計画書を作るようなものなので、ハードルは高いのですが、それだけに採用された時の評価に対する影響度も高いです。

 

なお、目標達成に関して補足ですが、レイ・カズンでは、個人目標だけでなく、所属部署の数字・パフォーマンスも、人事査定の時には加味されるので、どの部署に配属されるかによって、結果が変わってくるという、運の要素もあります。

 

同時に、こういった背景から、ほかのスタッフをリードして、成果を出せるような、リーダーシップがある人、協調性が高い人、コミュニケーションスキルが高い人というのが、この会社では、高い評価を得ている傾向があるので、こういった能力を磨くことも重要です。

 

教育制度・成長環境について

レイ・カズンは、社員教育に力を入れており、業務に必要な基本的なスキル・知識を身に付けるための基礎研修から、フォローアップ研修、マネジメント研修まで、様々な教育プログラムが用意されており、自分の能力やポジションに応じて、受講することが出来ます。

 

ちなみに、半期に一度行われる、人事考課を兼ねた面談において、勤務中に自分の力が足りないと感じる部分を上司に相談すると、適切な研修を提案してもらえるので、無駄なく、スキルアップ出来ます。

 

また、先ほども触れましたが、レイ・カズンは、チャレンジ精神を大切にする会社なので、やる気があれば、新しいことに挑戦させてくれたり、仕事において、大きな裁量を与えてもらえたりします。

 

状況によっては、複数の部署を横断して遂行するような、大きなプロジェクトの責任者に抜擢されることもあり、その時には、職種を越えて、色々な業務に携わることになるので、このうえない貴重な経験となります。

 

このように、レイ・カズンは、意欲さえあれば、様々な経験が出来る職場なので、成長環境という観点から見ると、文句なしにオススメです。

 

ワークライフバランスについて

以前のレイ・カズンは、一人当たりの業務量が膨大であったため、残業時間が多く、仮に、自分の仕事が早く終わっても、先に帰れるような雰囲気の職場ではありませんでした。(深夜まで働くことが珍しくなく、休日に急に呼び出されることもありました。)

 

ただし、ここ数年は、労働環境の改善を目的として、会社として、社内業務の効率化に取り組んでいるため、社員の負担が少なくなり、その結果として、残業時間が大きく減りました。

 

同時に、ワークライフバランスを大切する風土が生まれてきているので、定時に帰ったとしても、文句を言われるようなことが、一切なくなりました。(プライベートの時間を、お互いに尊重する意識が出てきています。)

 

有休に関しても、取得率が向上しましたし、事前に上司に相談しておけば、希望通りの日程で、休みが取れる状況となっています。有休を、夏季・冬季休暇と合わせて取得することで、長期連休にするといったことも、認められています。

 

このように、オンとオフを、しっかり切り替えることが出来る会社になったので、レイ・カズンは、ワークライフバランスを重視する人にも、オススメです。

 

女性の働きやすさについて

レイ・カズンは、レディースアパレルの会社ということもあって、女性社員の割合が高く、仕事内容で男女差はないですし、実力があれば、男女関係なく、管理職に就けるので、キャリアアップに意欲的な女性にもオススメです。

 

また、産休・育休といった子育て支援制度も、しっかりと整備されており、実際に取得している女性社員が、多数存在します。

 

復帰後には、時短勤務制度を利用出来ますし、子供の急な病気など、家庭の事情がある時には、休みをもらえるので、育児と仕事を両立しやすい環境と言えます。

 

ちなみに、子育てを優先するため、働く時間・日数を大きく制限したいという時には、正社員からアルバイトへ雇用形態の変更を申請することが出来ますし、正社員に復帰することも認められているので、安心です。

 

レイ・カズンの転職先としての価値

ここまで、レイ・カズンの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、教育制度が整っており、自分の能力に合ったスキルや知識を習得しやすい環境なので、成長意欲の高い人には、オススメの会社です。

 

また、残業が少ないうえ、有休を取りやすい環境なので、プライベートを大切にする人にとっても、転職先として検討するだけの価値が、十分にある会社と言えます。

 

給与、福利厚生など、待遇面については、他社と比べても、上回る部分がないというのが、ネックではありますが、ここも今後は変わってくる可能性が高いので、転職先として検討するだけの価値は、十分にあると言えます。

 

興味がある人は、ぜひ真剣に考えてみてください。なお、下記に、レイ・カズンの中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、相談してみるのもアリです。

 

プロの視点で、客観的に意見をしてくれるので、参考になると思います。また、繰り返しになりますが、転職会社は、様々な企業の求人情報を押さえているので、他社の求人を紹介してもらうのもオススメです。

 

他社と比較することで、レイ・カズンの価値が、より明確になりますし、その過程で、レイ・カズンよりも魅力を感じる会社が見つかったのであれば、それも良いことです。

 

転職先を決める際に、候補が多いに越したことはないので、ぜひ、他社のことについても、話をしてみてください。

 

<レイ・カズンの中途採用求人を扱っている転職会社>

 

※補足
このなかで、『リクルートエージェント』、『マイナビエージェント』の2社については、総合系の転職会社なので、様々な業種の企業の求人案件を押さえています。もし、アパレル以外の業種の会社に興味があるようでしたら、この2社に相談してみてください。