【英語スキルが必須】パタンナーの求人

 

ファッションブランドやアパレルOEM企業からのパタンナー募集案件のなかには、英語力が必須とされるものが含まれており、海外に生産工場を移転するメーカーが増えるに連れ、こういった求人も増えてきています。

 

ただし、それでも、数としては限られたものとなるので、気になる案件を見つけた場合は、問い合わせるなり、応募するなり、すぐに行動することをオススメします。

 

求人の特徴をまとめると、まず勤務先に関しては、東京、もしくは海外(特にアジア)となるケースが多いです。応募資格については、パタンナーとしての実務経験が必須となる求人が大半を占めていますが、要求年数が5年を超えるなど、ハードルはかなり高めです。

 

英語力に関しては、ビジネスレベルから、日常会話レベルまで、求められるレベルが個々に違うので、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

業務内容については、パターンメーキング、海外工場への指示や仕様書作成といったパタンナー業務に加えて、生産管理や商品企画といった業務にも携わることが前提となる求人が多くなっています。

 

なお、海外工場とのやり取りが業務に含まれる求人のなかには、英語ではなく、中国語が必須とされるケースもあります。

 

英語力を必要とするパタンナーの求人事情は、おおむね、こういったものとなりますが、下記にアパレル業界の求人に強い転職会社、求人情報サイトをリストアップしていますので、現在、発生している有効求人の詳細については、こちらで確認するようにしてください。

 

クリーデンス

ファッション業界専門の転職エージェント。アパレル業界における、あらゆる職種の求人案件を幅広く取り扱っています。ファストファッションブランドからの求人を中心に、英語スキルの保有が必須となるパタンナー募集案件を常時保有しているので、要問い合わせです。

 

また、クリーデンスは、パタンナー経験を活かせる職種として、縫製技術指導者を募集する案件も扱っています。

 

中国、韓国、ベトナム、カンボジア、ミャンマー、インドネシアなどにある海外工場が、勤務先となり、現地スタッフに英語で技術指導が出来るだけのスキルを持つ人材が求められています。

 

いずれの求人に関しても、パタンナーとして、即戦力とみなされるだけの能力を保有していることが、応募資格となっていますが、経験年数などは特に問われないので、自分の実力に自信がある人は、就労年数が少なかったとしても、ぜひチャレンジしてみてください。

 

リクルートエージェント

大手人材紹介会社、リクルートグループが運営する転職支援サービス。様々な業種の求人案件を幅広く扱っており、ファッション・アパレル業界の求人についても、常時カバーしています。

 

アパレルOEM企業を中心に、英語が出来るパタンナーを募集する求人案件が出ており、経験不問という求人も発生しているので、未経験者が仕事を探す時に、リクルートは最適です。

 

ただし、パタンナーは求人が少ない職種なので、結果的に経験者からの応募が殺到することになり、未経験者には不利です。ネイティブレベルで英語を操れるなど、何か大きな武器がないと、採用されるのは難しいと考えてください。

 

(東南アジアや中国に生産拠点を持つ企業からの求人が少なくないので、現地に住んでいたことがあって、現地語が話せたり、現地の人の文化・慣習に精通していたりといったことがあると、強いかもしれません。)

 

ファッショーネ

アパレル業界最大手の転職エージェント。パタンナーの求人案件を多数扱っており、そのなかには、英語スキルが必須となる案件も含まれているので、要チェックです。ただし、数は少ないので、タイミングによっては、有効求人がゼロというケースも十分にあり得ます。

 

ファッショーネの場合、パタンナーの募集案件よりも、生産管理の求人で、パターン作成・仕様書作成といったパタンナー業務も担当するといった内容の案件のほうが、取り扱い数が多いです。

 

応募条件に関しては、担当する業務に関する実務経験が求められることになります。また、求人によっては、細かい知識やスキルが指定されることもあるなど、全体的に見て、ハードルは高めとなっています。

 

エラン

アパレル・ファッション業界専門の人材紹介会社。英語力を有することを必須応募資格とするパタンナーの募集案件を扱っています。メーカーよりも、アパレル商社からの人材募集案件のほうが多いのが、エランの特徴です。

 

パタンナーとして、高いスキルを持つ人材が求められているので、最低でも3年以上の実務経験がないと採用される可能性は低いと考えてください。

 

なお、求人元となる企業のなかには、海外に現地法人(子会社)を持つ会社が少なくないのですが、そういった会社の場合、英語が堪能な人のほうが、キャリアアップしやすい傾向にあります。

 

英語を活かせる機会が多いので、語学を武器に仕事をしていきたいと考えている人に、オススメです。

 

イーキャリアFA

ソフトバンクグループが運営する転職情報サイト。全国の人材紹介会社が扱うアパレル業界の求人案件が多数掲載されており、パタンナーの募集案件についても、常時、見つかります。

 

ビジネスレベルの英語力を応募資格とするパタンナーの募集案件としては、ファッションブランド・下着メーカー・アパレルOEM企業などから、求人が出ているので、要チェックです。

 

ちなみに、こういった企業のなかには、英語が堪能なパタンナーであれば、デザイナーとしても採用するとしているところもあるので、デザイナーの仕事に興味がある人にとっても、有力な情報源です。