マリークヮントコスメチックスジャパンの中途採用情報

画像出典:originalmish

 

イギリス発のブランドであるマリークヮント化粧品を取り扱うマリークヮントコスメチックスジャパン。化粧品だけでなく、アパレル・雑貨の企画・販売事業も展開しています。人材採用を積極的に進めており、中途採用だと、全国に存在する販売店で働く、ショップ店員の求人が多数出ています。

 

また、常にというわけではなく、不定期での募集となりますが、総合職に関しても、中途採用求人が発生することがあります。

 

このページでは、マリークヮントコスメチックスジャパンの中途採用求人の状況や、転職者の年収などについて、まとめていますので、転職活動に役立ててください。

 

中途採用の募集内容・選考プロセスについて

マリークヮントコスメチックスジャパンの中途採用情報を入手する方法ですが、販売職であれば、公式サイト内の採用情報ページにおいて公開されています。ブランド別に求人情報がまとめられているので、興味があるブランドを選択して、確認してみてください。
http://www.maryquant.co.jp/recruit/midcareer/

 

サイトを見れば一目瞭然ですが、販売職の場合、契約社員、もしくはアルバイトの求人のみとなり、正社員として採用されることはありません。ただし、社内研修などの教育プログラムを受講したり、実務をこなすことで、スキルを高めることが出来れば、正社員へ登用されることもあります。

 

高卒以上であれば、誰でも応募可能なことにくわえて、全国各地のショップで募集が発生しているので、仕事に就くこと自体は、それほど難しくありません。

 

一方、総合職に関しては、正社員としての採用となるのが一般的です。営業・企画・管理・事務・Web管理職など、様々な職種が対象となりますが、社内事情に合わせて不定期で発生するので、直接会社に問い合わせるか、こまめに採用ページにアクセスして、求人が出ているかどうか、チェックするようにしてください。

 

もしくは、アパレル業界に強い転職エージェントに登録して、新規求人が発生した時に連絡をもらえるようにしておくことです。これであれば、一度登録作業を完了させておけば、連絡を待つだけで済むので、手間がかかりません。チェック漏れを防げるという効果も期待出来ます。

 

このページの最後に、登録先としてオススメの転職エージェントを数社リストアップしておきますので、参考にしてください。

 

マリークヮントコスメチックスジャパンの社員年収・給与制度について

マリークヮントコスメチックスの社員年収ですが、職種や雇用形態によって異なります。下記に、年収事例のサンプルを数個記載するので、参考にしてください。

【販売職】

  • 20代 販売スタッフ 年収250万円
  • 28歳 販売員 年収300万円
  • 29歳 店長 年収350~370万円

【総合職】

  • 商品計画スタッフ 年収300万円
  • 管理部門スタッフ 年収300万円

 

数字を見れば分かりますが、マリークヮントコスメチックスジャパンの給与水準は全体的に低めです。正社員だと賞与を含めても、年収額は低く、どの職種においても、管理職にならないと生活に余裕が出るほどの金額になりません。

 

特に、契約社員・アルバイト採用となる販売職においては、年収が200万円に届かないことも珍しくないので、かなり厳しいです。このことを頭に入れて生活環境を整えておかないと、入社後に生活苦に陥りかねないので、気をつけてください。

 

なお、階級試験に合格すれば、収入が上がりますが、高い階級への合格は狭き門なので、やる気とモチベーション維持が重要となります。また、学歴によっても、基本給に差が生じることになります。

 

人事評価・昇給制度について

マリークヮントコスメチックスジャパンの人事評価制度は、販売職だと個人の売上によって査定されるので、明確な評価方法と言えます。ノルマをクリアすると、高い評価を得ることが出来ますが、基準がかなり厳しいので、達成は困難です。

 

総合職は、プロジェクトへの貢献度やコスト削減などの実績によって、査定されることになりますが、評価内容の透明度はそれほど高くなく、実績を認めてもらえないという不満の声を持つ人が少なくありません。

 

どの職種においても、上司の好き嫌いで査定結果が変わる部署が存在するので、能力が無くても、人間関係を良好に保つだけで昇進する人も出てくるため、実力のある人物だと納得いかず、退職するケースもあります。

 

前述したように、昇給制度はあるのですが、昇給額は少ないので、管理職になるか、階級を上げない限り、高収入を得ることは難しいです。ちなみに、会社の業績によっては、管理職でも収入が減額されることがあります。

 

マリークヮントコスメチックスジャパンのワークライフ・バランスについて

マリークヮントコスメチックスジャパンは、販売職と総合職で、プライベートと仕事の両立のしやすさに違いがあります。

 

販売職だと、基本的にシフト勤務なので、急な休みは取りづらく、有給を取ることが難しい職場や残業代を申請しにくい店舗もあります。また、プライベートでも、顧客や上司から電話がかかってくることがあるので、気が休まらないと精神的に苦しく感じる社員も存在します。

 

一方、総合職だと、比較的良好です。職種や上司によって差はありますが、仕事をきちんとこなしていれば、有給を取りやすく、残業も少ないため、ワークライフ・バランスを保ちやすい環境にあると言えます。

 

ただし、上下関係が厳しい職場だと、休日なども上司とのイベントや飲み会に参加することを強要されるケースが少なくないので、要注意です。なお、こういったことを、キャリアアップするための努力と捉えられるタイプの人は、昇進スピードが速い傾向にあります。

 

女性の働きやすさ

マリークヮントコスメチックスジャパンには、産休・育休を取得している人が多く、その点は良いのですが、忙しい部署、人間関係が悪い部署だと、復帰しにくい状況になり、そのまま仕事を辞めることになってしまったという人もいます。

 

人事評価に関しては、男女共通であり、性差は存在しません。男性ほどではありませんが、女性の管理職も一定数存在します。ただし、産休・育休制度を利用した場合、昇進スピードが遅れてしまうことは避けられない状況です。

 

こういったことを含めると、家庭と仕事の両立を目指す人にとっては、マリークヮントコスメチックスジャパンは、100%自信を持って薦められる会社とは言えないのが実情です。

 

マリークヮントコスメチックスジャパンへの転職はアリ?

ここまで、色々な角度からマリークヮントコスメチックスジャパンの社内環境について触れてきましたが、転職先候補として有望な会社とは決して断言することは出来ません。決してブラック企業というわけではないのですが、年収など、注意しなければいけない点が多々あります。

 

マリークヮント、グレースマリーといったブランドに愛着があって、どうしてもこの会社で働きたいという強い意志を持っている人はともかく、様々な会社を相対的に見て、最も条件が良い会社に転職したいという人にとっては、別の会社を選択するほうが正しいかもしれません。

 

このあたりについては、最新の動向を踏まえたうえで判断したほうがいいので、アパレル業界に強い転職エージェントに相談することをオススメします。彼らは転職のプロなので、客観的な目線で冷静に判断してくれます。

 

希望条件や経歴・職歴を伝えれば、あなたにとって最も適切な転職先候補を選んで紹介してもらえるので、そういった候補のなかから選ぶというやり方もアリです。

 

いずれにしても、マリークヮントコスメチックスジャパンは、すぐに転職の決断を下して良いという会社ではないので、色々な角度から慎重に検討するようにしてください。

 

<アパレル業界に強い転職エージェント>