エストネーションの中途採用事情~年収、就労環境など~

 

大人向けのハイクオリティなブランドを取り扱うセレクトショップ、エストネーション。サザビーリーグの中核ブランドとして、オリジナル商品の企画・販売を展開、自由度の高さを好むユーザーから、根強い支持を得ています。

 

そんなエストネーションの採用状況ですが、新卒、中途を問わず、人材登用に積極的であり、販売職から総合職まで、幅広い職種において、求人が出ています。(経理、人事、システムエンジニア等、アパレル専門職以外の職種における求人需要も高くなっています。)

 

このページでは、エストネーションの中途採用求人の状況や、転職者の年収・就労環境などについて、まとめていますので、参考にしてください。

 

中途採用の募集内容・選考プロセスについて

エストネーションの中途採用情報ですが、公式サイト内にある採用情報ページから、詳細を確認することが出来ます。(現在、募集中の求人内容をチェックすることも可能です。)
https://www.estnation.co.jp/recruit/index.html

 

ストアスタッフ、コールセンタースタッフ、デザイナー、バイヤー等、様々な職種において、募集がかかっており、職種ごとに応募条件が違ってくるので、詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

中途採用の場合、一般的な傾向としては、販売職については、応募条件が比較的緩く(未経験者でも応募可の求人が少なくありません)、それ以外の職種については、実務経験豊富な人材が募集されており、最低でも3年程度の経験が必須となってきます。

 

勤務先地域については、総合職は、本社がある銀座が勤務地となります。販売職については、全国各地の全店舗が対象となるため、勤務地は国内全域ということになりますが、都内勤務となる求人の割合が高いので、東京と、それ以外の地域では、仕事に就けるチャンスが大きく違ってくると考えてください。

 

社員の年収・給与制度について

エストネーション社員の年収ですが、代表的なサンプル例をあげると、下記の通りとなります。

【販売職】

  • 25歳 販売スタッフ 年収280万円
  • 30代 販売員 年収350~400万円
  • 30代 マネージャー 年収400万円

【総合職】

  • 35歳 マーケティング 年収500万円
  • 30代 商品企画 年収400万円
  • 営業課長 年収750万円

 

エストネーションでは、正社員の場合、基本給・各種手当に、年二回の賞与が支給されるといった給与体系となっており、社員の平均年収は、アパレル業界のなかでは高めとなり、満足している社員が多くなっています。

 

昇給に関しては、年1回上がるというのが基本です。昇給額は、会社の業績によって変動します。ただし、管理職でない限り、それほど大幅に上がることはないので、昇給については、あまり期待しないほうがいいです。

 

管理職になれば、年収1000万円レベルの給与も視野に入ってくるので、収入にこだわるのであれば、ぜひ、上のポジションを狙ってください。

 

契約社員、アルバイトなど、非正規雇用の従業員についても、正社員よりは低くなりつつも、アパレル業界のなかでは、高い部類に入る収入を得ることが出来るので、不満を言う人は少ないです。

 

ただし、注意点としては、忙しい店舗だと、残業時間が多くなりますが、残業代が全額支給されないこともあるため、勤務時間が長い店舗に配属されると、割に合わないと感じることになってしまいます。

 

そのため、自分が希望する勤務地にある店舗の状況について、事前に調べておくことをオススメします。

 

なお、中途採用の場合、採用時にきちんと交渉した人ほど給与が高くなる傾向があるので、転職する時には、妥協せずにしっかり希望を伝えることが重要です。このあたりの交渉が苦手という人は、アパレル業界における転職支援サービスを展開している転職会社を利用してください。

 

こういった条件交渉を代行してくれますが、彼らは転職のプロなので、要求を通すためのツボを心得ており、うまく話をしてくれます。自分で交渉するよりも、条件アップを勝ち取れる可能性が高いので、オススメです。

 

このページの最後に、アパレル業界専門の転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

エストネーションの人事評価・組織体制について

人事評価については、部署ごとに行われる仕組みとなっており、直属の上司の意向が大きく反映されます。ただし、全体的に判断基準が曖昧であり、年功序列の要素も強いため、売上や実績を積み上げたとしても、必ずしも、評価に直結するわけではありません。

 

また、中途で優秀な人材が入ってくると、その人にポジションが回り、自分は昇進出来ないといったことも珍しくないので、運も大きな要素となってきます。

 

給与自体は良いので、そういった意味では満足して働ける会社ですが、評価に関しては、ある程度、割り切らないと、フラストレーションが溜まってしまうかもしれません。

 

中途採用者に関しては、年収と同様、やはり入社時の交渉が重要であり、転職する時に決められたものが、後々まで響いてくるので、人事担当者と納得いくまで話し合うようにしてください。

 

また、販売職の場合、契約社員やアルバイトとして、採用されるケースもありますが、非正規雇用だと、昇給・昇格に限界があります。

 

かといって、一度、非正規で入社してしまうと、そう簡単に正社員になることは出来ないので、エストネーションで長く働くつもりであれば、正社員採用にこだわったほうがいいです。

 

エストネーションのワークライフ・バランスについて

エストネーションは、販売職と総合職で休みの取りやすさに違いがあります。総合職に関しては、残業が少なく、有給の希望が通りやすくなっています。

 

一方、販売職については、それほど過酷な職場環境と言うわけではないのですが、忙しい店舗で働くことになると、残業が多いため、平日は家には帰るだけといった生活を強いられますし、有給取得も難しくなってしまうのが実情です。

 

しかしながら、これは例外的な話ではあり、エストネーション全体で観れば、プライベートと仕事を両立しながら働いている社員の割合が高い会社なので、ワークライフ・バランスについては、優れている会社と言えます。

 

女性の働きやすさ

エストネーションは、店舗・本社どちらも女性スタッフが多数存在しており、昇進に男女差はないので、女性でもキャリアアップを目指すことが可能です。

 

その反面、女性だからといって労働面で優遇されることはなく、特に店舗スタッフだと、重い荷物を持つなど、力仕事を要求されることになります。体力的に厳しいと感じ、退職する女性もいるぐらいので、体力面で不安がある人は、入社前に業務内容について、確認することをオススメします。

 

なお、産休・育休といった制度は整っており、復帰後の時短勤務も可能なので、子供を持つ女性にとっては、働きやすい会社です。

 

アパレル業界に強い転職会社

エストネーションは職場として見た場合、100点満点とはいかなくても、就労環境が整っている会社であり、給与も良いので、転職を目指すには悪くない会社です。

 

ただし、先ほども触れましたが、中途採用の場合、入社時の条件交渉が極めて重要なので、ここで失敗すると、後々、後悔することになります。下記に、アパレル業界専門の転職会社をリストアップしておきますので、このあたりの交渉は代行してもらうことをオススメします。

 

<アパレル業界専門の転職会社>

 

なお、当たり前の話ですが、転職会社は様々な企業の求人情報を押さえているので、もしかしたら、エストネーション以上に好条件の求人を紹介してもらえる可能性もあります。そのため、転職会社を利用する時には、念のため、他社の情報についても問い合わせてみてください。