しまむらの中途採用事情

 

日本を代表するファストファッションブランドに成長した、しまむら。以前は、『安いけど、その分、品質は・・・』といった感じがあるブランドでしたが、今では、品質でも勝負出来るぐらいの価値を持つ商品群を持つようになり、その結果、国内業界2位にまで、成長しました。

 

ユニクロが低迷するなか、しまむらの勢いは止まらず、年々、売上・売場面積が増えており、資産額も増加しています。このように、順調に事業を進めているため、販売職、総合職どちらについても、しまむらは、新たな人材の採用に意欲的であり、常に優秀な人材を求めています。

 

特に、近年では、アパレルメーカーとの関係を重要視しているため、優秀なバイヤーを必要としており、重点的に採用しています。

 

中途採用案件に関しても、多数の求人が見つかる状況なので、チャンスは豊富に存在します。このページでは、しまむらの中途採用求人の傾向、及び、社員年収、就労環境などについてまとめていますので、転職活動の際に、参考にしてください。

 

しまむらの中途採用求人の傾向

ホームページ内に、採用情報ページが開設されており、求人情報の詳細について、確認することが出来ます。中途採用に関しては、物流センターのスタッフや、各店舗で働く店長・販売スタッフの募集案件が中心となります。
https://www.shimamura.gr.jp/recruit/

 

本社勤務となるバイヤー・商品管理・人事・経理・営業・マーケティング・経営企画といった総合職については、新卒者向けの求人情報しか記載されていないのですが、では、中途では募集されていないのかと言えば、決してそうではありません。

 

中途でも募集がかかることがありますが、その場合、転職エージェントを経由して、告知されるケースが大半を占めています。転職エージェントに登録されている人材のなかから、会社側が求める人物像に合う人間に声をかけるといった形が、取られることもあります。

 

(この場合、一般的には、求人が公開されることはないので、外部の人間が気付かないうちに、採用プロセスが進んでいるということになります。)

 

そのため、総合職への転職を目指しているのであれば、転職エージェントに登録しておくことが先決です。アパレル業界を専門とするエージェント、数社に登録しておけば、まず大丈夫です。このページの最後に、代表的なエージェントをリストアップしておきますので、参考にしてください。

 


エージェントは、販売職の求人も押さえているので、販売スタッフとしての転職を考えている人が、求人情報を探す時に、利用することも可能です。特に、しまむらと他社の求人を比較検討したい時には、便利です。

 

しまむらの社員年収・昇給制度について

しまむらに勤務する社員の年収ですが、下記に具体的な事例を幾つか挙げていますので、参考にしてください。

 

【販売職】

  • 30代 販売員(パート) 年収150万円
  • 29歳 ショップスタッフ 年収260万円
  • 販売スタッフ 年収350万円
  • 店長 年収400万円

 

【総合職】

  • 総務 年収300~500万円
  • 商品管理主任 年収500万円
  • 営業課長 年収600万円
  • バイヤー 年収600万円

 

しまむらは、基本給・各種手当に、年2回の賞与が支給されるといった、ごく一般的な給与体系を採っていますが、業界大手ということもあり、アパレル業界のなかでは、高めの給与水準となっています。

 

業績が良ければ、決算賞与もプラスされるようになっており、ここ数年は好調なため、数十万円程度のプラスαは見込める状況です。

 

(会社の業績は、急変することが珍しくないので、決算賞与を重視する人は、転職する前に、最新の動向について、確認するようにしてください。しまむらに直接問い合わせても、転職エージェントに聞いても、どちらでも、すぐに教えてくれるはずです。)

 

昇給制度については、しまむらは年功序列の会社なので、基本的には、毎年、給与が上がります。役職なしの一般職だと、決して高額なわけではありませんが、アパレル企業の場合、昇給自体が有り得ないという会社が多いので、しまむらは、かなり恵まれています。

 

一方、管理職に就けば、一気に年収が上がることになり、部長ともなると、年収1000万円以上が普通になってくるので、キャリア志向が強い人にとっては、しまむらはやり甲斐がある会社と言えるでしょう。

 

しまむらの評価制度について

前述したように、しまむらでは、年功序列を用いた人事評価制度を採用しており、良い実績を出したとしても、昇進や昇給に直結するわけではありません。多少はプラスになるという程度です。そのため、成績の高い社員のなかには、人事評価に対して、不満を持つ人もいます。

 

(アパレル業界のなかで、しまむら以上に給与を貰える会社を見つけるのは難しいので、不満はありつつも、在籍しているという人が多いです。)

 

一方、会社自体が売上などのノルマを課していないので、社員にプレッシャーがかかりにくく、比較的自由に働ける環境なので、自分の時間を大切にする人、ノンビリ働きたい人にとっては、何かとやりやすい会社です。

 

教育制度・成長環境について

しまむらは、入社後の基礎研修から、専門的な研修会まで、様々な教育制度が整備されているので、知識を学ぶ機会には恵まれています。

 

コミュニケーション、マネジメント、目標設定など、根本的なビジネススキルを学ぶための勉強会も用意されており、希望者は誰でも参加することが出来ます。

 

また、しまむらは、業務マニュアルをしっかりと作り込んでいる会社なので、分からないことがあっても、マニュアルを見ることで、解決出来るケースが多く、仕事をしながら、スキルを上げることが出来ます。

 

ワークライフバランスについて

部署や時期にもよって、多少の違いはありますが、会社の方針として、残業をなくす方向で動いているので、残業時間は、少なめです。

 

有給についても、希望通りに取得出来ます。まとめて取得することも可能なので、GWなどの連休と合わせて、まとまった休みをとって、旅行に行くような社員もいます。

 

ただし、販売職の場合、店舗によっては、スタッフ不足から、代わりの人材を確保出来ないため、休みが取れないという状況に陥っているスタッフが存在しているので、要注意です。(自分が勤務を希望する地域の店舗の状況について、確認しておくことをオススメします。)

 

ちなみに、転職エージェント経由で応募する場合、店舗単位での募集となるので、その店舗のことだけに目が向きがちですが、近隣店舗の状況についても、把握しておいたほうがいいです。

 

仮に、自分が勤務する店舗の体制に問題がなくても、近隣に人材不足の店舗が存在する場合、応援の依頼を受けるなど、結果的に、自分の店舗も巻き込まれることになるためです。この点は注意してください。

 

女性の働きやすさについて

しまむらは、販売職であれば、女性社員の割合が高いこともあり、男性・女性を問わず、みんな同じ条件のなかで働いています。キャリアアップに関しても、男女差はなく、実際、管理職に就いて、活躍している女性が多数存在します。

 

一方、本社勤務の総合職については、販売職と比較すると、男性社会的な風土が、まだ残っており、管理職の比率についても、圧倒的に男性のほうが多くなっています。

 

ただし、近年は、ダイバーシティの観点から、しまむらは女性の登用に積極的であり、女性管理職の数は、急増しています。強引に増やしている感じもあるので、女性にとっては、むしろ、男性よりも昇進を目指しやすい環境になっていると言えます。

 

今後も、この傾向が続くことは間違いないので(さらに強化される可能性のほうが高いです)、キャリア志向が強い女性にとっては、しまむらは何かとチャンスが多い会社と言えます。

 

一方、女性特有のライフタイムイベントに対する支援体制もしっかりしています。産休・育休制度が整備されており、会社側が取得を推奨しているので、気兼ねすることなく利用することが出来ます。(周囲からの理解も厚いです。)

 

復帰後には、短時間勤務を選択して働くことが出来ますし、子供の病気などを原因とする、突発的な休みを許可している会社なので、子供を育てながら働くには、格好の会社と言えます。

 

しまむらの転職先としての価値

ここまで、しまむらの就労環境について、様々な角度から見てきましたが、年功序列型の企業なので、数字のプレッシャーが少なく、のんびり働きたい人にとっては、オススメの企業です。

 

一方、能力が高い人が実力に見合った評価をされる可能性は低いので、バリバリ働きたい人にとっては、検討の余地がある会社と言えます。(本当に実力がある人であれば、外資で働いたほうが、高給与を得られる可能性が高いです。)

 

いずれにしても、このあたりは、当人の価値観次第となってくるので、しまむらが、本当に自分が求めているものを持ち合わせている会社なのかどうか、冷静に見極めたうえで、転職の判断を下すようにしてください。

 

下記に、アパレル業界専門の転職エージェントをリストアップしておきますが、彼らはしまむらの社内事情に精通しているので、転職の判断について、迷うところがあれば、相談してみるのもアリです。客観的な視点で、冷静にアドバイスしてくれます。

 

また、転職エージェントは様々なアパレル企業の求人情報を押さえているので、他社のことについて聞いてみるのもオススメです。もしかしたら、しまむら以上に、魅力的な会社が出てくるかもしれません。

 

転職先に求める条件等を伝えれば、それらの条件に合う求人が存在するかどうか、探してくれるので、興味がある人は、ぜひ調べてみてもらってください。

 

<アパレル業界に強い転職会社>


転職を目指す会社が決まった場合、年収などの条件交渉を代行してもらうことも出来ます。中途採用の場合、交渉次第で、条件面は大きく変わることが多く、実際、年収アップに成功するケースが少なくないので、ぜひこういったサポートも受けてみてください。