三松の中途採用事情

 

「三松」、「エメ」、「レイカ」などの小売店舗を展開する、三松。1932年(昭和7年)創業の野沢屋呉服店を前身とするアパレルメーカーです。

 

呉服店の名前が示すように、元々は、着物の販売を手掛けていましたが、戦後は和服に加えて、ドレス、毛皮、ジュエリーなどの高級衣料・宝飾品も販売するようになるなど、年々、ラインナップの幅を広げています。

 

人材採用の動きですが、毎年、数十名を新卒で採用しているほか、中途に関しても、常時、何らかの募集をかけているので、三松への転職のチャンスは常に存在する状態です。

 

このページでは、三松の中途採用求人の傾向、及び、社員の年収・給与水準、社内の労働環境についてまとめていますので、参考にしてください。

 

三松の中途採用求人の傾向

三松では、販売職を中心に求人が発生しており、高卒以上の学歴があれば、誰でも応募出来る案件ばかりなので、未経験者でも採用される可能性があります。

 

総合職に関しては、いつでも募集がかかっているわけではないのですが、営業、商品企画、経理、経営企画、Webディレクター、Webデザイナーといった職種において、求人が発生することがあります。

 

総合職の場合、経験不問という求人もあれば、実務経験が必須となる求人もあり、応募条件の幅が広くなっているので、このあたりの詳細については、個々に確認するようにしてください。

 

なお、求人の大半が、契約社員やアルバイトとして採用される求人となりますが、三松は、正社員登用制度を設けている会社なので、勤務実績次第では、正社員に就くことも可能です。実際に、多くの契約社員が、入社から数年で正社員になっています。

 

なお、正社員に関しては、全国すべての店舗で勤務する可能性のあるナショナル社員と、勤務先地域を限定したリージョナル社員の二つから、選択することになります。

 

ナショナル社員のほうが、給与など、待遇が上なので、転勤が問題ないということであれば、こちらを選んだほうが、お得です。

 

求人情報の入手方法

三松の公式サイト内にある採用情報ページに、募集要項が掲載されているので、そちらから求人情報を確認することが出来ます。
https://www.mimatsu-group.co.jp/recruitment-information/

 

ただし、中途採用に関しては、販売職の契約社員・アルバイト採用案件しか、掲載されていないことがあります。

 

これは、総合職に関しては、外部の転職会社に、告知を一任することが多いためですが、その場合、実際には求人が存在するのに、公式サイトでは確認出来ないということになるので、総合職の求人情報を入手する際には、転職会社にも、問い合わせることを、オススメします。

 

(公式サイトしかチェックしていないと、求人を見落とすことになります。)

 

このページの最後に、三松の中途採用求人を扱っている転職会社をリストアップしておきますので、参考にしてください。

 

ちなみに、転職会社の場合、様々な企業の求人情報を保有しており、三松以外の求人のことについても、教えてもらうことが可能なので、興味がある人は、あわせて聞いてみるのもアリです。

 

社員の年収・給与制度について

三松に勤務する社員の給与水準ですが、年収事例を挙げると、下記の通りとなります。

 

  • 販売 22歳 年収300万円
  • 販売 24歳 年収280万円
  • 販売 25歳 年収330万円
  • 販売 27歳 年収300万円
  • 販売 29歳 年収350万円
  • 販売 29歳 年収400万円
  • 販売 29歳 年収320万円
  • 販売 30歳 年収350万円
  • 店長 23歳 年収280万円
  • 店長 26歳 年収420万円
  • 営業 31歳 年収450万円
  • 商品MGR 27歳 年収400万円
  • 経理 23歳 年収310万円
  • 経営管理 26歳 年収520万円
  • 法務 27歳 年収440万円

 

三松の給与体系は、基本給に加えて、年2回(7月、12月)の賞与が支給されるというものとなっており、同業他社と比較すると、少し低めの給与設定となっています。

 

販売職だと、店舗予算の達成率に応じて、インセンティブが算出されるのですが、同じ結果を出したとしても、ブランドごとにインセンティブの支給額に違いが出るので、配属先によって、給与差が生じると考えてください。

 

なお、三松は、会社が残業を減らす方針で動いているので、残業自体が少なくなっていますが、もし、残業が発生した場合には、残業代が1分単位で支払われることになるので、サービス残業の心配はなしです。

 

福利厚生に関しては、社会保険が完備されているほか、企業年金制度・社員融資制度・社員持株制度・借上社宅制度などが整っていますし、住宅手当・家族手当・地域手当など、手当も、充実しています。

 

また、保養所や社員割引制度も用意されており、実際に利用している社員からは、好評です。

 

昇給については、毎年1回、6月に給与見直しの機会がありますが、三松では、グレード制が導入されており、グレードが上がった時に、そのタイミングで、給与も上がる仕組みとなります。

 

中途採用で入社する時の注意点

中途採用者の場合、前職の経歴や実績をベースに、基本給が算出されることになりますが、ここは、交渉次第という要素もあるので、三松から提示された金額に、納得がいかない時には、希望条件を伝えて、会社側と話し合うようにしてください。

 

三松の場合、自分の努力次第で、給与を大幅に上げられる会社なので、入社時の給与が低くても、カバー出来る部分がありますが、転職する時というのは、最も給与を上げやすいタイミングと言えるので、中途半端に妥協せずに、しっかりと要望を伝えたほうがいいです。

 

もし、こういった条件交渉の経験がなく、どう進めていいか分からないということであれば、転職会社に交渉を代行してもらうことも可能です。彼らはプロなので、この手の交渉ごとに慣れており、うまく話を進めてくれます。

 

実際に、条件アップに成功するケースが多々あるので、交渉が苦手という人は、自力で解決しようとするよりも、転職会社のサポートを受けたほうが賢明です。

 

三松の評価制度について

三松では、半期に一度、売上・実績などの数字や勤務態度などをみて、直属の上司が査定を行い、その評価の結果によって、グレードが決定されるようになっています。

 

また、近年では、PDCAサイクルを、どれだけ回せているかということを、評価の際に、厳しくチェックする部署が増えており、ここも重要な評価指標となります。

 

販売職に関しては、個人の売上や実績というよりも、店舗の業績が重視されており、個人のノルマは設定されていないので、変なプレッシャーを感じずに、働くことが出来ますが、その反面、自分の努力だけでは、どうにもならない部分もあるのも事実です。

 

その反面、これは、販売職、総合職、共通の話となりますが、どの部署においても、真面目に仕事をしていれば、勤務態度が良好ということを考慮して、評価を高くしてくれるので、そこは、やり甲斐があります。

 

加えて、三松は、チームワークを重要視する会社なので、周囲と協働として、物事を進められる人ほど、高い評価を受ける傾向にあります。

 

教育制度・成長環境について

三松は、商品知識や基礎的なスキルを学ぶための基礎研修が充実しており、未経験者でも、安心して仕事を始められる環境となっています。

 

その後も、イベント前の勉強会や、階層別研修、マネジメント研修、及び、コミュニケーションスキル、プレゼンスキル、ビジネスマナーなど、汎用的なビジネススキルを習得するための自己啓発研修が、頻繁に開催されており、学びの機会は、多々あります。

 

また、三松は、OJTの仕組みがしっかりしており、先輩スタッフや上司から、綿密な指導を受けられるので、現場での仕事を通しても、スキルや知識を習得することが可能です。

 

そのうえ、前述したように、チームワークを大切にする会社ということもあり、周りのスタッフと連携しながら、仕事を進めていくことになるので、働きながらコミュニケーション能力を向上させられる職場ともなっています。

 

ワークライフバランスについて

先ほども触れましたが、三松は、会社として残業時間を削減するために、仕事を効率的に行うことを、役職者を含めて、社員に徹底させているので、残業が少ない部署が大半を占めています。

 

休日出勤の機会は、殆どないですし、有休についても、希望通りに取れるケースが多いです。加えて、夏季・冬季の休みが用意されており、有休と合わせて、長期休暇を取得することも出来るので、休暇制度についても、まず問題なしです。(休みをしっかり取れる会社です。)

 

ただし、販売や営業だと、業務量が多い部署・店舗も存在しており、そういったところに配属されると、残業や休日出勤の機会が多くなるうえ、有休も取りづらくなるというのが、実情です。

 

そのため、ワークライフバランスを重視する人は、転職後、自分が配属されることが想定される職場の就労環境について、事前に調べておくことをオススメします。

 

女性の働きやすさについて

三松は、数多くの女性社員が働いている会社ということもあり、女性が働きやすいように、社内環境の整備に力を入れています。

 

仕事の割り振り・責任分担において、男女で差が生じることは一切ないですし、昇進のチャンスも男女平等となっているので、キャリア志向が強い女性でも、十分に、やり甲斐を持って働ける会社です。

 

(特に、販売職は、8割以上が女性社員なので、女性の管理職への登用が、積極的に行われています。)

 

育児支援体制については、産休・育休が整備されており、実際に取得している女性社員が多数存在しますし、復帰した後には、時短勤務制度を使えるようになっていることから、職場復帰を果たす人が多く、仕事と子育てを両立させられる会社です。

 

周りのスタッフの子育てに対する理解も進んでおり、早めに退社しても文句を言われることはないですし、急な休みにも対応してもらえる職場が多くなっているので、安心して働くことが出来ます。

 

三松の転職先としての価値

ここまで、三松の就労環境について、様々な角度から見てきましたが、就労環境が良好なうえに、教育体制も整っているので、転職先候補として、検討するだけの価値がある会社と言えます。(特に、女性にとっては、何かと働きやすい会社です。)

 

ただし、給与が低く、福利厚生が充実していることも考慮しても、待遇面については、他社と比較して、それほど良くはないので、収入が全てという人にとっては、満足出来る可能性は低いです。

 

このように、三松の転職先としての価値は、考え方次第で変わってくると言えるので、自分が会社に何を重視するのか、自分の価値観と照らしあわせながら、三松への転職を目指すのかどうか、判断するようにしてください。

 

下記に、三松の中途採用求人を扱う転職会社をリストアップしていますが、彼らは社内事情に精通しているので、このあたりの判断に迷うことがあれば、相談してみるのもアリです。プロの視点で冷静にアドバイスしてくれるので、参考になるはずです。

 

また、転職会社は、様々な企業の求人情報を押さえており、三松以上に、魅力を感じる求人を紹介してもらえる可能性が十分にあるので、興味がある人は、他社のことについても、話を聞いてみてください。

 

<三松の中途採用求人の取り扱い実績がある転職会社>

 

※補足
このなかで、『リクルートエージェント』、『マイナビエージェント』の2社については、総合系の転職会社なので、様々な業種の企業の求人案件を押さえています。もし、アパレル以外の業種の会社に興味があるようでしたら、この2社に相談してみてください。