このページでは、韓国への商品買い付けを担当するバイヤーを募集する、アパレル企業からの求人情報について、まとめていますが、下記のページでは、韓国系アパレルブランドからの求人情報について、まとめています。

また、下記のページにおいては、韓国語を話せる人材を募集する、アパレルブランドからの求人情報をまとめています。

(韓国企業の日本法人、もしくは韓国に事業拠点を持つ日系企業からの求人が多いです。)

もし、興味があれば、こちらの記事も確認してください。

【韓国買い付け担当】アパレルバイヤーの求人

 

韓国への買い付けを担当するアパレルバイヤーを募集する求人というのは、東京や大阪であれば、セレクトショップやECサイト運営会社などから、様々な人材募集案件が出ており、求人数もそれなりになるので、何らかの仕事が見つかると考えて、まず間違いなしです。

 

一方、東京・大阪以外の地域においては、この手のバイヤーの求人を殆ど見かけることがないので、仕事を探すのは難しいと考えてください。(どうしても、韓国へ買い付けに行くような仕事に就きたいということであれば、東京・大阪で仕事を探したほうが賢明です。)

 

なお、雇用形態については、正社員、もしくは、契約社員となります。また、業務内容については、韓国の買い付け専任となる求人、及び、韓国だけでなく、中国やアメリカなど、複数国に、買い付けに行くことになる求人の二つに分かれます。

 

割合としては、圧倒的に後者のほうが高いので、ここは、柔軟に考えたほうがいいです。(韓国への買い付けということにこだわりすぎると、仕事を逃します。)

 

応募条件に関しては、未経験者でも応募出来る案件から、バイヤー経験者のみを募集する求人まで、幅広いポジションで募集案件が出ているので、自分自身の経歴・スキルに合わせて、仕事を選ぶことが可能です。

 

ちなみに、アパレル業界の場合、生産管理、デザイナーといった職種の求人のなかで、海外への買い付けも担当業務に含まれるといった内容の求人も出ているので、興味がある人は、こういった求人もチェックしてみてください。

 

韓国買い付け担当のバイヤーを募集する求人の傾向は、おおむね、こういったものとなりますが、下記にアパレル業界の求人に強い転職会社、求人情報サイトをリストアップしていますので、仕事を探す際には、情報源として活用してください。

 

クリーデンス

アパレル業界最大手の転職エージェント。総合職の求人案件の取り扱いに力を入れており、バイヤーの募集案件についても、多数保有しています。

 

韓国への買い付けに携わるバイヤーの募集案件についても、取り扱い頻度が高いので、一度相談してみることをオススメします。また、クリーデンスの場合、韓国に生地を買い付けに行くことが、担当業務となる、デザイナー・生産管理の求人案件も扱っています。

 

応募条件に関しては、3年以上の実務経験が必要となる求人が大半を占めています。元々、クリーデンスが扱う求人は、実務経験が必須となる求人が中心となるので、経験豊富な人が、仕事を探す時に、オススメの情報源です。

 

ファッショーネ

関東地方に特化して転職支援サービスを展開しているアパレル専門の転職エージェント。総合職の求人案件の取り扱いに力を入れており、バイヤーの募集案件についても、常時、多数の求人を保有しています。

 

韓国への買い付け業務といった内容の案件だと、数は少なくなるのですが、東京都内が勤務地となる求人であれば、チラホラ発生しています。ちなみに、ファッショーネが扱っている求人の場合、韓国だけでなく、ほかの国へも、買い付けに行くことになるといった内容の案件が多いです。

 

応募条件に関しては、バイヤー経験が必須となります。加えて、語学スキルも要求されますが、初歩的な英語スキルがあれば、応募可能とする求人も少なくないので、語学に関しては、それほど重要度は高くないと考えてください。

 

それよりも、やはりバイヤーとしての実績ということになります。(アパレル以外の業種でのバイヤー出身者でも、実績があれば、採用してもらえる可能性は十分にあります。韓国を含めて、海外への買い付け経験があるバイヤーであれば、まず確実です。)

 

リクルートエージェント

様々な業種・職種の求人案件を取り扱う国内最大手の転職エージェント。アパレル業界にも強く、バイヤーの求人案件についても、常時、カバーしています。

 

韓国への買い付け業務を担当することになるといった内容の求人についても、セレクトショップやECサイト運営会社などからの人材募集案件を扱っているので、要問い合わせです。

 

業界を問わず、商品選定・仕入れ値交渉に慣れている人間が求められているので、アパレルのバイヤー経験がない人でも、他業種の経験があれば、問題なしです。

 

その一方で、未経験者が応募出来る求人も出ているので、経験がない人、乏しい人にもチャンスがあります。

 

なお、経験・スキルが足りないと判断された人の場合、バイヤーとして、業務に遂行するために必要な知識が身に付くまでは、販売スタッフ、商品企画スタッフなど、別の職種で勤務する可能性があるので、その点は注意してください。

 

マイナビエージェント

20代の若手ビジネスマンの転職支援を専門とする転職エージェント。第二新卒、既卒者向けの求人案件の取り扱い数が多く、そういった求人だと、経験不問となるので、未経験者が仕事を探す時には、オススメのエージェントです。

 

韓国のファッションアイテムの買い付けに従事する、バイヤーを募集するアパレル企業からの求人案件についても、常時扱っているので、要チェックです。

 

東京や大阪といった、大都市圏の求人が中心となるので、勤務地については絞られてきますが、ファッション好きであれば、誰でも応募可能とされている案件ばかりなので、未経験者が挑戦しやすい状況です。

 

楽天仕事紹介

楽天グループが運営する求人情報サイト。EC業界に特化しており、アパレル関連の求人についても、多数掲載されています。

 

ECサイト運営会社からのバイイング・デザイン・商品企画などを担当する人材を募集する案件のなかで、韓国への買い付け業務を担当するといった内容の案件が、若干数ではありますが、発生しています。

 

バイヤーの仕事だけでなく、様々な職種の業務を兼任することになるので、バイヤーの業務を専任で行いたい人は、不向きかもしれませんが、逆に、色々なことを経験してみたいという人には、オススメです。